YouTubeやってます!
Categoriesレビュー

ドコモショップのドコモ光の勧誘がひどい件

Date 2017/11/01 20:06  Modified date 2017/11/05 Author Yutaka  Tags docomo サービス 行ってみた
ドコモ光

 先日、ドコモショップに事務手続きに行ったところ、しつこく「ドコモ光」の勧誘をされたので怒りの投稿。

ドコモショップ長岡千秋店にて

 10月30日(月)。事務手続き(住所変更とかそういう感じのヤツ)のためドコモショップ長岡千秋店に来店。平日にもかかわらずF●ckin’待たされるのは、まあ、承知の上だったのでそれはこの際どうでもいい。待つのが我慢できない人はドコモのサイトから来店予約ができるので予約して行きましょう。まあ、それでも待たされますけど。

 「手続きをスムーズに進めるため、この紙に名前と電話番号を記入しておいてください」と受付票を渡される。素直に記入。下の欄にもごちゃごちゃ書いてあったが(あとでわかったが回線とプロバイダに関するアンケート)、指示されなかったので無記入で待機。

 しばらくのち、店員Mが受付票を受取りにくる。このとき、来店理由と合わせてネットに関するアンケートを取り、受付票に記入していく。まあ、向こうも仕事だし答えるだけ答えようと真正直に答えてしまう。その時点で軽くドコモ光の勧誘を受けるが、そのときは「入る気ないです」ということで話が終わる。風のウワサでドコモ光の勧誘がひどいというのは聞いていたので、ここまではまだ想定内だった。むしろ「まあ、こんなものか」くらいに思った。

 またしばらく待たされたあと、本題の事務手続きを勧めるため、カウンターに通される。手続き自体は特に問題なく進んだのだが、最後の最後に「書類が揃う間にドコモ光の話を聞いてもらってもいいですか?」などと店員が言い出した!
 「さっき断ったよね?? 日本語難しかった??」と思いつつ、「聞くだけなら」と答えたのがよくなかった。いやしかし、たとえここで「無理です」と答えていたとしても結局結末は同じだったような気もする。

 すかさず、店員Mは我々のうしろに控えていた店員Kを呼び出した! えぇぇええぇぇwwあんたが話するんじゃないのかよwwwwつか誰だよお前wwwwどうでもいいけど右目の白目が真っ赤になってんぞはよ医者行けwwwwwwww

 このあとずっと店員Kのターン。さっき店員Mがメモしてたアンケート用紙を元に「回線やらプロバイダやらドコモ光にまとめるとお得になります!」「入らないと損です!」「なんで入らないんですか!」「入らないと死にますよ!」と言わんばかりにドコモ光を猛アピール。

 あ、オレ、この感覚知ってるわ。

 宗教勧誘だわ。(もしくはマルチ。)

 そう、その姿、まさにドコモ光の伝道師(エバンジェリスト)。「家とケータイは契約者が別で……」などと言ってみても聞く耳を持たず、どのルートを選択してもドコモ光契約ルートに持って行かれる。下手なウソをつくと余計面倒に巻き込まれる雰囲気があったので、めんどくさくなったオレは「ネットは事業用、ケータイは個人で分かれてて、一緒にするのはできないんですよ(実際のところできないことはない)」という伝家の宝刀を抜いた。
 この回答には伝道師Kも泡を食ったようで、一瞬攻勢が止む。そうだらう、そうだらうとも。大抵のBtoC業者はこれで大人しく引き下がってくれるのだ。
 これで試合終了かと思いきや、しかしそれでも伝道師Kはまだ諦めなかった! まさかの回答に若干ヒヨりながらも「自営業の方でもそういう方もいますし、経費が安くなるのはいいことですし」などとのたまい続ける。あげく「税理士の方にぜひ相談してみてください」とか抜かしやがった。少なくとも3回は税理士という言葉を出した。さすがにこれにはオレもキレそうになった。

 なんであなたにそんなことまで指示されなければならないのですか。あなたはうちの社長かなんかですか。税理士に相談するのもタダではないのですよ。その相談料出してくれるのですか。荼毘に付されてください。

 という内容をもっと乱暴な言葉で叫び出したい気持ちを「この人も仕事なんだしこの人も仕事なんだしこの人も仕事なんだし……」というマントラを繰り返し唱えることでギリギリ抑える。

 結局、話はそこで終わった。渡された「ドコモ光優先カード」はその場で破り捨てるべきだったと思っていたが、せっかくなのでここにアップしておく。

ドコモ光
「スタッフ名晒すとか小物過ぎ」と指摘をいただいて、たしかにその通りだと思ったので名前のとこはモザイク入れました。

 話が終わったところで店員Mが「ちょうど書類もできましたので」と書類を出してきた。なにが「ちょうど」だ。すぐ出力されることくらい知ってんだくそが。

 余談。手続きが終わって、帰り際に連れがトイレに行くというので、その間、店内に展示されてるモックを見ながら待っていたら、伝道師Mがまた声をかけてきた。懲りずになにを言ってくるかと思ったら、「ひかりTVのご契約は……」。仕事だからとかじゃなくて、もうこいつ、真性だわ……控えめに言ってあたまおかC。あと、はよ眼科行け。

ドコモショップ長岡店にて

 その真っ直中にいたときは、できるだけ波風を立てないように……相手も仕事なんだから……とわき上がる感情を抑えていたのだが、あとになって考えれば考えるほど腹が立ってきた。たしかにドコモショップのドコモ光の勧誘はひどい! 想像以上にひどかったぞ! だがしかしまて。これはドコモショップ長岡千秋店だけが特異である可能性もまだ否定できない。そう、我々はサンプル数を増やす必要があるのだ!

 というわけでその翌日の10月31日(火)、ドコモショップ長岡店に調査に向かうことにした。ドコモには1年ごとに新しいケータイのバッテリーやモバイルバッテリーがドコモのポイントと交換できる「電池パック安心サポート」というサービスがあるので、これを利用してバッテリーパックをもらうというのがオモテの理由。

 平日にもかかわらずFa●kin’待t(ry 長岡千秋店と同様、受付票を渡される。しかし、あちらとはフォーマットが違ってアンケートが上のほうにある。

ドコモ光
ドコモ光を勧誘する気満々じゃないですかやだー。お願いだからせめてもうちょっと隠して!

 もう一目で罠だとわかるが、これは調査。条件を揃えるために昨日と同じ内容を答える。

 まあ、いうまでもなく、その後、ドコモ光の勧誘を受けたよね。こちらは千秋店とは違って、担当についた店員Tが責任を持って勧誘するスタイル。
 「ほかでも勧誘を受けてると思うんですけどー」というスタートだったので、こちらは型式通りのライトやつかなと思ったらとんでもない。かわいい顔してるだけ昨日より若干マシというレベルだった。つか、勧誘してるのに、まるでオレが悪霊かなにかにとりつかれていて、この場で調伏せんとでもいわん剣幕で責め立ててくるのなんなの。仕事でしかたなく勧誘してるっていう雰囲気じゃなくて、ガチで勧誘しにかかってきてる感じがヤバイ。もはや恐怖と憤りしか感じない。

回答情報は共有されている可能性がある

 あと、一瞬「あれ?」と思ったのが、自営業の話を出してきたこと。「自営業や法人だと……」みたいな話を出してきたので、そのときは「ああ、そういう断り方をするのはオレだけじゃないのかな?」と思ったのだが、たぶん違う。
 長岡店に来店したのは数年ぶりであるにもかかわらず「すでに勧誘を受けているだろうが」という前置きをしてきたこと、そして、事業用の話を出してきたことを考え合わせると、ドコモ全体で各顧客に対する勧誘情報が共有されている可能性が高い。たぶん、前日に長岡千秋店で勧誘を受けたこと、その中で事業云々の話が出てきたことが共有されている。

 考えて見れば、子回線契約のオレを勧誘するのも不自然じゃないか? 家族割の主契約者はうちの親になっているので、普通に考えれば回線の決定権は子回線のオレにない。だのに、執拗にオレに対して勧誘するということは、オレがネットの管理をしていると言うことがわかっているということでは? 最近、親がケータイを新しくしていたが、そのときにドコモ光の勧誘を受けた親が「子供がネットの管理してるんでよくわかんね」と断っていたとしたら? その情報も記録されてたりする?

 ……こえーよ! ドコモこえーよ! 毎週土曜の午前中に自宅の玄関前に現れるエホバの信者(そういえばここ数週間会ってない)なんて比にならないレベルでこえーよ!

対策

 今のところ一番勧誘回避の可能性が高いと思われるのは「ネットを使っていない」ことにすることです。「ねっとぉ〜? なにそれおいしいのぉ〜? ねぇ食べていぃ〜???」としか言わないバカになりましょう。
 アンケートに示されている選択肢をどれかひとつでも選択したら勧誘ルートまっしぐらです。たとえば「自宅で利用中のインターネットはどちらですか」に対して「わからない」にチェックを入れた場合、「種類はわからないけどなんらかのネット環境が入っている」という情報を与えることになります。やつらはそこを糸口に食らいついてきます。間違っても論破しようなどとは考えないことです。消耗戦になります。それだけでなく、その戦いでの情報は共有され、次回の戦いで利用される可能性もあります。とにかく無知を装い、一切の情報を与えないことです。「答える義務ないです」と切り捨てる強さも大事。

結論

ドコモ光
驚きはいらない。店員のおねーさんの笑顔だけあればいい。

 ドコモショップはヤバイ。

 きれいなおねーさんと笑顔でケータイの手続きをしたあの頃のドコモはもう死にました。今のドコモショップは「ドコモ光」というカルト宗教に侵された宗教施設です。

 昔だったらつまらない事務手続きでも「マイショップ登録しますか?」とか「パンフレット入れておきますねー」「ついでにポケットティッシュもいれときますね(みんなには内緒ダヨ☆)」とかあったのに、そういうの全然ありませんでした。ニッコリ営業スマイルで「docomo withとかどうですか?」って勧誘されたら断らないつもりだったのに、全然そんなそぶりも見せない。最初から最後までドコモ光! 「反撃してもいいですか?」とか言い出したあの頃から年々おかしくなってきてる感はありましたが、いよいよって感じです……

 そういえば、ケータイのモックの展示も故障中のものが多かった気がします。ドコモショップ内全体がドコモ光に侵されて(イスの背もたれにまでドコモ光の宣伝が貼り付けられていて苦笑するしかなかった)、細かいところまで目が行かなくなってるのではないでしょうか。とりあえず、ドコモ光を勧誘する時間をなくせば、手続きにかかる時間は今の半分以下になるし、客の回転率上がると思います。でも、狂信者にはそれがわからないんでしょうね。

 ガラケーで番号とキャリアメールだけ維持してるような状態とはいえ、15年越えのドコモユーザに対してこの仕打ち。ボクらのドコモを返して! とは言いません。せめてもう早く安らかに死んでくれと祈るばかりです。

Back to Top