YouTubeやってます!
Categoriesレビュー

大和屋の「夏柑子」を食べてみた

Date 2008/07/24 18:33  Modified date 2016/05/10 Author chihaya  Tags 和菓子 食べてみた
大和屋の夏柑子

 銘菓「越乃雪」の製造販売をしている「大和屋」の「夏柑子(なつかんし)」。本物そっくりの入れ物の中に、甘夏ゼリーが入っています。

 葉っぱの形をしたシールで袋の口が閉じられています。入れ物は本物そっくりです。

大和屋の夏柑子

 ヘタの部分の凹み具合もリアル。

 フタを開けるとスプーンと一枚の紙が。

大和屋の夏柑子

 「容器はお召し上がりになった後、小皿などに御使用いただけます。」と書かれていました。

大和屋の夏柑子

 寒天で固めてあるそうで、しっかりとした感じのゼリーです。普通のゼリーとは違う、寒天特有の食感。またみかん味と違って甘夏らしい苦味もあるのが特徴です。なのであっさりしています。

 価格は一個420円。サイトを見ると3個や6個のかご入りのものもあるようです。

 この入れ物は甘夏そっくりのものですが、「本生夏柑子」として本物の甘夏をくりぬいてゼリーを入れたものも販売されているようです。「本生夏柑子」は一個630円。

 本店のほか、新潟県内のデパートなどにある売店で買うことができるようです。売店は新潟伊勢丹、新潟大和 、新潟三越、新潟駅ビルCOCOLO、長岡大和、長岡駅ビルCOCOLO、新潟空港にあるそうです。

 群馬の「だるま弁当」のように、入れ物が残るものってちょっとうれしかったりします。お子さんがいるうちやお年寄りは特に喜びそうです。

大和屋の夏柑子

大和屋 本店

所在地新潟県長岡市柳原町3番3号
TEL0258-35-3533
FAX0258-34-5652
営業時間9:00-17:30
定休日日曜日、不定期水曜日 
webサイトhttp://www.koshinoyuki-yamatoya.co.jp/
Back to Top