電子書籍「いころ放談 No.7」発行しましたー!
Categories レビュー

ダイソーの木製3D模型「イグアノドン」を作ってみた

2016/11/10 21:26 Author
ダイソーの3D模型

 ダイソーの片隅で木製3D模型が売られているのを発見してそっとカゴに追加した。これが100円とは!

continuation of the article
ダイソーの3D模型

 中身は、板2枚と小さな紙ヤスリのみです。

ダイソーの3D模型

 パッケージ裏が組立説明書になっています。板に番号は書いてないので、組み立て説明書の図と実際の板を照らし合わせながらパーツを切り取る必要があります。

ダイソーの3D模型

 パーツはあらかじめ切り抜かれているので、手で簡単に抜くことができます。多少バリがでますが、そのあたりはカッターで簡単に削れます。ただ組み上げるだけなら付属の紙ヤスリを使わなくても全然問題ないです。ただし……

ダイソーの3D模型

 たまに抜きにくいパーツがあって、無理に手で抜き取ろうとすると割れるぞ。ちょっとやってみて無理そうだったらカッターの使用をオススメします。

ダイソーの3D模型

 割れた部分は木工用ボンドで修復。

ダイソーの3D模型

 完成したところ。全長30cmオーバーで結構でかい。写真撮りながらでも1時間弱で作れます。

ダイソーの3D模型

 ぜつみょーなバランスで2本足で立たせることができます。

ダイソーの3D模型

 HGのガンプラと記念撮影。乗れそう。

ほしい人はいますぐダイソーへ

ダイソーの3D模型
着色してもよさそう。

 イグアノドンのほかにマンモスやプテラノドン、バイク、飛行機など、何種類かありました。博物館などで販売されている木製3D模型は千円とか2千円とかすることを考えると、これは安い!
 ただ、自分が買ったときにはすでに在庫がまばらな感じだったので、夏休み時期に合わせて出したものなのかもしれません。在庫限りの可能性が高いので、欲しい人は早めにお店に向かいましょう。

白木の恐竜工作キット【トリケラトプス】

  • メーカー:稲見産業
  • カテゴリ:おもちゃ&ホビー
Back to Top