YouTubeやってます!
Categories技術家庭科

コーヒー味の氷がザクザク!氷コーヒー牛乳の作り方

Date 2014/06/21 19:35  Modified date 2016/04/23 Author chihaya  Tags カフェ メニュー 作り方 料理
コーヒー氷

 コーヒーで作った氷に牛乳を注ぎ、溶けるほどコーヒーの味が濃くなるのを楽しめるミスドの「氷コーヒー」。同じようなのを自宅でも作ったら美味しそう! というわけでコーヒーで氷を作ってみました! 時間が経っても味が薄まらず、おいしさが持続。しかもカフェメニューっぽくてちょっとおしゃれ!

材料と道具

コーヒー氷

道具

  • 製氷皿:小さい氷ができるものがおすすめ
  • 耐熱容器(マグカップ等)
  • スプーン

材料

  • インスタントコーヒー:ティースプーン山盛り4杯くらい
  • お湯:製氷皿1杯分(今回は200ml使用)

 お湯とコーヒーの割合ですが、お湯100mlに対してコーヒーはティースプーン山盛り2杯くらいでいいと思います。お好みで砂糖を入れてもOK!

準備

コーヒー氷

 使用する製氷皿に水を入れ、容量を計っておくとムダが出なくて良いです。

1. コーヒーをお湯で溶かし、冷ます

コーヒー氷

 マグカップ等の耐熱容器にコーヒーとお湯を入れて溶かします。砂糖もここで入れればガムシロップ不要の甘いコーヒー氷に。

 熱いまま製氷皿に入れると耐熱温度を超える危険があるので、しばらくおいて冷めるのを待ちます。待つのが面倒な場合はコーヒーは少量のお湯で溶かすようにし、そこに水を入れてぬるめのコーヒー液を作ると良いですよ。

2. 冷めたら製氷皿に入れる

コーヒー氷

 製氷皿にコーヒー液を注ぎます。コーヒー液は濃いので服に付かないようご注意を。計量カップ等の注ぎ口の付いた入れ物を使うと注ぎやすいのでおすすめ。計量カップが耐熱性ならばはじめからその中でコーヒー液を作るととっても簡単です。

3. 冷凍庫で凍らせて完成!

コーヒー氷

 冷凍庫に数時間から一晩ほど入れて凍らせたらコーヒー氷の完成です! これだけ!

 普通の氷よりもちょっと取り出しにくいので、製氷皿をねじったり、裏面を水で濡らしたりしながらうまく取って下さい。

飲み方、保存方法、作る際のコツなど

コーヒー氷は10-20個くらい。そこに牛乳を注ぐだけ。

コーヒー氷

 コーヒー氷はグラスに10-20個ほど入れるといい感じです。お好みの濃さにあわせてコーヒー氷の量を調節してみてください。ガムシロもお好みで。

保存はジップロックが便利

コーヒー氷

 製氷皿から取り出し、ジップロック等の袋に入れて冷凍庫で保存すると使いやすいです。くっついてしまった時も袋の上から揉むとバラバラにできます。

製氷皿の種類(氷の大きさ)

コーヒー氷

 冷えた牛乳を注ぐので、大きい氷だとなかなか溶けません。小さい氷がたくさんできる製氷皿がオススメ。ゆっくりと時間をかけて飲みたい場合は大きめの氷でもいいと思いますよ!

そんな感じで簡単氷コーヒーをどうぞー

コーヒー氷

 普通の氷をコーヒー牛乳に入れるとだんだん薄まってしまいますが、コーヒー氷なら薄まるどころかだんだん濃くなっていき、徐々に変わる味と見た目を楽しめます。今回はインスタントコーヒーを使いましたが、濃いめに淹れたレギュラーコーヒーでも美味しく作れると思いますよ! 夏場に是非どうぞー!

参考

こつぶ氷 アイストレー 2個組 PH-F67*2

  • メーカー:エビス
  • カテゴリ:ホーム&キッチン
  • 定価:¥ 972
Back to Top