YouTubeやってます!
Categoriesレビュー

「ふなぐち菊水一番しぼり」を長期熟成してみた(している)

Date 2015/01/03 18:46  Modified date 2016/05/10 Author Yutaka  Tags お酒 日本酒 食べてみた
ふなぐち菊水

 「ふなぐち菊水一番しぼり」を冷蔵庫で長期保存すると熟成されて味が変わってくると言う話を聞いてから、毎年一本ずつ増やしています。

 「ふなぐち菊水」は火入れをしていない生酒であるため、時間が経つにつれて熟成が進みます。生酒は痛みやすいため、ご家庭で長期熟成させることはなかなか難しいのですが、その点、菊水は缶で密封された生酒であるため、ご家庭の冷蔵庫で気軽に長期熟成が楽しめる酒缶なのであります。

ふなぐち菊水

 そんなわけで、ホントに変化するのか調べるために、毎年同じ時期に1本ずつ菊水を購入して保管しております。

ふなぐち菊水
最も古いものは2008年製造のもの。もう酢になってるんじゃないかという気もしないでもない。

 ただ、ここまで貯まってくると、なんか開けるのがもったいなくなるというのに加えて、そもそもあまり酒を口にしないのでこんなに一気に飲めない、という理由でどんどん貯まる一方だったりするわけです。
 正直持て余しているので、そのうち飲み比べ会でもやろうかと思っている。

初物と2年物を飲み比べてみる

ふなぐち菊水

 諸事情により2012年ものが2本あるので、この機会に2年物と初物を飲み比べてみることにしました。

ふなぐち菊水

 左が2012年製造で右が2014年製造。缶の見た目だけではどちらがどちらか分かりません。

ふなぐち菊水

 開封して、おちょこにも注いでみました。比べてみると2012年のものがちょっと黄色っぽい。

ふなぐち菊水

 2年物は若干とろみがあるような感じがします。アルコールのピリピリとした感じは薄まっており、口当たりまろやか。しかし、風味は強くなっていて、紹興酒のような香りもありました。結構こゆいので、オンザロックなどすると飲みやすいかと。

ふなぐち菊水
オンザロックで。(入れ物は白州だけれども。)

50円多く払うか1年待つか

ふなぐち菊水

 実際結構味違いました。2008年物はどんなことになっているのか……

 「菊水を熟成させるとうまい!」と言う話は結構有名な話のようで、メーカーである菊水酒造からも1年間熟成させた「熟成ふなぐち菊水一番しぼり」が販売されています。
 50円増しで熟成菊水を買うか、普通の菊水を1年間熟成させるかは、自由だー!

参考

熟成ふなぐち菊水一番しぼり200ml×30本

  • メーカー:菊水酒造(新潟)
  • カテゴリ:食品&飲料
  • 定価:¥ 10,012

「ふなぐち菊水一番しぼり」飲み比べセット新米、熟成、通常版3種類×200缶×10本【送料無料】【楽ギフ_熨斗】【RCP】【02P13Dec14】

価格: 9,545円
(2015/01/02 15:45時点 )

感想:13件

Back to Top