電子書籍「いころ放談 No.12」出ました!
Categories技術家庭科

余った酒粕消費レシピ!酒粕アイスクリームの作り方

Date 2019/01/21 20:00  Author Chihaya  Tags レシピ 作り方 日本酒
酒粕アイス

 Twitterでみかけたレシピを参考に酒粕を使ったアイスクリームを作ってみたらこれがとってもおいしいのです! 酒粕を持てあましている方、いますぐ生クリームをご用意ください。

 Twitterで見たものは「上善水如」でおなじみ、「白瀧酒造株式会社」の酒蔵見学に行った際にもらった冊子に載っていたレシピとのこと。元のレシピでは材料は「上善の酒粕:100g」となっていましたが、今回は家にあった酒粕(どこの物かは不明)で作りました。いろんな酒造会社の酒粕で作ってみるのも良さそう。

酒粕アイスの作り方

酒粕アイス

材料

  • 酒粕:100g
  • 生クリーム:200cc
  • 卵:2個
  • 粉砂糖:70g

生クリームについて

 生クリームは「35」「47」などがありますが、数字が大きいもの(乳脂肪分が多いもの)の方がおいしくできます。今回は47%のものを使って作りました。

粉砂糖について

 粉砂糖(パウダーシュガー)がベストですが、グラニュー糖や上白糖でも大丈夫です。詳しくは記事の後半で。

手順

  1. 耐熱容器に酒粕を入れ、ラップをして1分ほどレンジにかける
  2. 温まった酒粕をなめらかになるまで練る
  3. ボウルに卵、粉砂糖を入れ、もったりするまで泡立てる
  4. 酒粕を加え、なめらかになるまで混ぜる
  5. 別のボウルに生クリームを入れ、8分だてにする
  6. 4と生クリームを合わせる
  7. 冷凍庫に入れ、途中2~3回かき混ぜながら冷やし固める

1. 耐熱容器に酒粕を入れ、ラップをして1分ほどレンジにかける

酒粕アイス

 酒粕をレンジで温めます。加熱時間は500wなら1分、600wなら45秒くらい。

2. 温まった酒粕をなめらかになるまで練る

酒粕アイス

 ゴムべらなどですりつぶすようにして混ぜ、なめらかになるまで練ります。

3. ボウルに卵、粉砂糖を入れ、もったりするまで泡立てる

酒粕アイス

 卵と粉砂糖をボウルに入れ、よく混ぜます。

酒粕アイス

 空気を含み、白く重たい感じになるまで泡立てます。

4. 酒粕を加え、なめらかになるまで混ぜる

酒粕アイス

 もったりするまで泡立てたら酒粕を加え、

酒粕アイス

 なめらかになるまで混ぜます。

5. 別のボウルに生クリームを入れ、8分だてにする

酒粕アイス

 生クリームを8分だてになるまで泡立てます。

酒粕アイス

 角が立つ固さが8分だてです。

6. 4と生クリームを合わせる

酒粕アイス

 4でできた卵・砂糖・酒粕を混ぜたものと、生クリームを混ぜ合わせます。

酒粕アイス

 次は冷やし固める工程に入ります。

7. 冷凍庫に入れ、途中2~3回かき混ぜながら冷やし固める

酒粕アイス

 ラップをして冷凍庫に入れます。

 今回はボウルのまま固めていますが、金属製のバットに移して凍らせると早く、ムラなく固めることができます。

酒粕アイス

 30~40分経つと周りが凍り始めるので、冷凍庫から取り出してかき混ぜます。

酒粕アイス

 「固める・混ぜる・固める」を2~3回繰り返します。全体が固まったら完成です!

食べてみた感想

酒粕アイス

 口に含んだ瞬間に酒粕のいい香りが広がります! これはおいしい! なんていうか、道の駅とかで売ってそうな味がする!!
 ちょっとつぶつぶがあるので裏ごしすればいいのかも? と思ったものの、このつぶつぶがまたいい味を出してるなーとも思います。これは何回でも作りたいアイス。年輩層にも好評でした。レシピ上げてくれた人、ありがとう。

普通の砂糖(上白糖)でも作ってみた

酒粕アイス

 元のレシピは粉砂糖でしたが、普通の砂糖で作っちゃだめ? と思い立ち、後日作ってみました! 食べ比べてみたところ、舌触りに違いはなし、甘さは強めという結果でした。粉砂糖(グラニュー糖)を使ったほうが上品な甘さで、酒粕の風味を邪魔しない印象です。粉砂糖またはグラニュー糖がベスト、普通の砂糖(上白糖)でもできる、という感じ。粉砂糖:70gですが、普通の砂糖なら60g程度に減らしても良さそうでした。

そんな感じ

酒粕アイス
タッパーに入れて保存してます。

 今年一番のヒット。これは皆さんに是非作って欲しい一品です。いつか上善水如の酒粕で作ってみたい!

ロック酒の上善如水 純米 [ 日本酒 新潟県 720ml ]

  • メーカー:白瀧酒造
  • カテゴリ:食品&飲料
  • 発売日:2017-07-07
Back to Top