いつもの放談をまとめた「いころ放談 No.10」が配信中です!
Categoriesニュース

まだ間に合う!「大地の芸術祭」の秋プログラム開催!

Date 2018/09/21 19:35  Modified date 2018/12/08 Author Yutaka  Tags アートトリエンナーレ 大地の芸術祭
大地の芸術祭2018

 大地の芸術祭のおかわりベントが開催されます! 夏の大地の芸術祭に乗り損ねた人もまだ間に合うぞ!

 「大地の芸術祭」秋のおかわりイベント、その名も「『大地の芸術祭』の里 越後妻有 2018 秋」(なのか?)が開催されます。内容はこの夏に開催されたトリエンナーレのライト版といった感じです。公開、および公開予定の作品を数えてみたところ、9月21日時点で170作品でした。

 なんとコンプリート賞も用意されています。スタンプをコンプリートして応募すると抽選で「越後妻有 雪花火」ペアチケットが当たります。散々十日町・津南町を引きずり回させたあげく、冬も十日町に来させようというのか……! 恐ろしい子……!

 個人的なオススメ作品ですが、元を取るならキナーレは必須。展示作品数も多くてお得です。T352 Palimpsest: 空の池 もキナーレにあります。
 健脚なら T398 Welcome がオススメ。異空間な感じが大変よろしいです。ただ、駐車場から1.5km歩く必要がある上に作品周辺はオフロードでぬかるみも多いのでトレッキングシューズ推奨です。また、無料の展示なのでチケットの元を取る目的には不適。
 清津峡トンネルの N079, N080 ペリスコープ/ライトケーブ はもはや説明不要ですね。夏よりは多少人が少なくなってるかも? ひどいときは2時間の渋滞が発生してたらしいです。
 学校全体を使った Y052 最後の教室 は最初からクライマックス。M058 ワープクラウド は車で乗り付けて気軽に「をー」となれます。

チケットについて

有効期間

 チケットを使って観覧できるのは以下の8日です。有効「期間」というか有効「日」。簡単に言うと9月22日から10月8日の間にある土・日・祝日のみ有効です。

  • 9月22日(土)
  • 9月23日(日)
  • 9月24日(月・祝)
  • 9月29日(土)
  • 9月30日(日)
  • 10月6日(土)
  • 10月7日(日)
  • 10月8日(月・祝)

料金

 チケットは大人2,000円、小中学生500円。
 チケットの提示で1回だけ無料で作品を観覧することができます。夏とは異なり、2回目以降の観覧は通常料金の支払いが必要です。

販売場所

 チケットは以下の場所で販売されています。迷ったらキナーレに行っておけば間違いありません。

  • キナーレ / 新潟県十日町市本町六の一丁目71番地26
  • まつだい郷土資料館 / 新潟県十日町市松代3718
  • 絵本と木の実の美術館 / 新潟県十日町市真田甲2310-1
  • 清津倉庫美術館 / 新潟県十日町市角間未1528-2
  • 光の館 / 新潟県十日町市上野甲2891
  • キョロロ / 新潟県十日町市松之山松口1712-2
  • 清津峡トンネル / 新潟県十日町市小出癸2126
  • 奴奈川キャンパス / 新潟県十日町市室野576
  • 上郷クローブ座 / 新潟県中魚沼郡郡津南町上郷宮野原7-3
  • 最後の教室 / 新潟県十日町市松之山藤倉192
  • ダミアン・オルテガ「ワープクラウド」 / 新潟県中魚沼郡津南町下船渡 (マップコード:253332738*60)
  • ギャラリー湯山 / 新潟県十日町市松之山湯山446

参考

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018公式ガイドブック

  • 著者/訳者:北川 フラム
  • 出版社:現代企画室 ( 2018-06-15 )
  • 単行本:263 ページ
Back to Top