※弊社記事はたぶんにPRが含まれますので
話半分で受け取ってください。

6/9(日)まで新潟県立歴史博物館の売店運営してます!詳しくはこちら

皮膚科で首のホクロを取ったので経過・費用等々をレポート

イボ取り

 長年気になっていた首にできた大きなホクロ(母斑)を取ったので傷跡の経過報告、かかった費用等のレポートです。メスで切除、保険適用でした。

ホクロ除去

 首にあったホクロ(イボ?)はこんな感じ。中学生の頃にできはじめ、だんだん大きく盛り上がった形に。色は茶色〜黒っぽい感じ、直径5mm、高さも5mmくらいありました。かすかーに年々大きくなっているような気も? 見た目が気になる点、そしてごくたまにですが引っかかって痛い思いをすることもあったり。

ヘアドネーション

 ヘアドネーションの写真など、目立つときは画像処理時にホクロを消去することも。微妙に目立つ位置に気になる大きさのホクロがあったのです……。

過去に一度皮膚科で相談

 10年ほど前に今回とは別の皮膚科を受診した際、ホクロ除去を相談したのですが、

  • 傷跡が残ってしまう
  • 取るなら傷跡が目立たない方法(レーザー)をおすすめする
  • その場合は別の医院を紹介する

 という理由からそのときは除去はしないことにしました。

別のクリニックの皮膚科に相談

 それから10年近く。別の皮膚科にかかる機会があったので首のホクロについて聞いてみることにしました。その結果

  • レーザーは保険適用外、メスで切除だと保険適用
  • メス切除だと傷跡は残るが、いまあるホクロよりは目立たない
  • それでよければ切っちゃう?

 という感じで切除する流れになりました。このあたりは医者の治療方針と個人の判断・希望に委ねられることが多そうです。私の場合は

  • 多少、傷跡が残ってもいいので取りたい
  • 出っ張っていて時々ひっかかるのが気になる
  • 保険適用にしたい

 というあたりを希望。最初にかかった皮膚科は美容に力を入れているので傷跡は残したくない、後でかかった皮膚科は多少傷跡残っても快適なほうがいいよね、という感じでスムーズに切除する流れになりました。一度断られた場合でも、違う皮膚科を受診すると切除してくれる場合もあるかもしれません。

切除時の様子

 ホクロを切除する方針が決まったところで「次回にします? 今回やっちゃいます?」と選ぶことができたのでその日のうちにお願いしました。
 麻酔は局部麻酔、えぐるようにホクロを切り取り皮膚を縫い合わせる、縫合は3針、先ほども伝えたように跡は残る等の説明を受けました。説明・同意書の病名は「ホクロ(母斑)」となっていました。

イボ取り

 診察室の中にあるベッドに横になり、局部麻酔をし切除、縫合。5分かからず終了しました。
 痛みは麻酔の注射を刺す痛みのみ、その後は一切痛みはなし。痛みはないものの、縫合のときは糸で縫われている感覚は伝わってきました。

会計・次回予約

 1週間後に抜糸の予約を入れて終了。支払い金額は8,400円くらい。

 薬は飲み薬(3日分)と塗り薬(ゲンタマイシン)が処方されました。

イボ取り

手術後の様子

 「手術をうけられた方へ」と書かれたプリントをもらったのでそれを参考にして過ごしました。要約すると以下のような内容。

  • 手術当日:シャワーや入浴不可。ガーゼは剥がさない。
  • 術後24時間〜抜糸まで:傷口を湯につけないようにして入浴。泡立てた石鹸で毎日やさしく洗浄(よく泡立てた石鹸でなでるように。よくすすぎ、きれいなタオルでこすらず拭く)
  • 抜糸〜3ヶ月程度:傷口をお湯につけてOK
  • 飲酒:手術当日は禁止
  • 運動:抜糸が終わるまでは控える
イボ取り

 術後に貼られたガーゼはこんな感じ。

イボ取り

 自分で車を運転して行ったのですが、帰り道はまだ麻酔が効いていたので痛みを感じることなく運転できました。4〜5時間経って麻酔が切れたあとは首を回すと痛みと突っ張る感じがあり。切除場所が首の場合、麻酔が切れた後・当日夜あたりは運転するのはちょっと大変かもと思います。翌日以降は(大きく首を回すと軽く痛みを感じますが)大丈夫でした。

 ※以下、傷口を縫った状態の写真があります。

術後24時間以降の様子

 24時間経過後後にガーゼとテープをはずしてみたところ。

イボ取り
テープでめっちゃかぶれるタイプです。周りが赤いのはそのためです。

 泡立てた石鹸で洗ったのち、処方された軟膏を塗ります。糸の上に塗るのはちょっと気持ち悪い。軟膏を塗ったあとは自宅にある絆創膏を貼り付け。これを繰り返して1週間過ごします。うなじ部分のため、絆創膏が剥がれやすかったので替えの絆創膏を持って過ごしました。

イボ取り

 あと自分からは地味に見えにくい位置。絆創膏を貼る際は家族に協力してもらいました。

1週間後・抜糸

 1週間後に抜糸のために受診。切除から1週間後・抜糸前の傷口はこんな感じ。

イボ取り

 帰宅後に撮影した抜糸後の様子。縫ってあった場所がわかります。抜糸時の痛みはほとんどなし。

イボ取り

抜糸後のメディカルテープ

 指定されたメディカルテープを薬局で購入。このテープを貼ってしばらく過ごします。テープは剥がれるまで貼りっぱなしでOK。傷口を寄せるようにして貼ると傷跡が残りにくいそうです。肌色なので目立たずいい感じ。

イボ取り

 テープは2〜3日持つと説明されましたが、うなじの毛で浮いてしまうためよく剥がれる……傷口がちょっと落ち着いてから周りの産毛を剃りました。テープの持ちが変わります。

イボ取り

 メディカルテープは絆創膏よりも剥がれにくく、目立たず快適。安心感もあります。

抜糸から1週間後に再受診

 抜糸から1週間後に最後の確認のため受診。傷跡もきれいに、問題なく治ってきているとのこと。これにて終了となりました!

1〜3ヶ月ほどテープを貼り、日焼けに気を付けて生活

 終了後も引き続きメディカルテープを貼って生活。「できるだけ傷跡を残さないために日焼けには注意して欲しい」「3ヶ月経過するまではテープで保護するか日焼け止めを確実に塗って欲しい」とのこと。しばらくテープを貼って過ごしたのち、途中からは日焼け止めを塗るようにしました。

その後の傷跡の様子

イボ取り
切除から1ヶ月、抜糸から3週間後の様子。赤みと膨らみがあります。
イボ取り
抜糸から4ヶ月後の様子。赤み、膨らみがかなり消えました。

 現在は切除・抜糸から半年が経過。見た目は4ヶ月経過時とあまり変わっていない感じです。触ると少し膨らみあり、ちょっとだけ赤く周りの肌と色が違う感じですが、「肌荒れ? ニキビになりかけ?」くらいな感じの見た目です。ホクロがあったときと比較すると格段に目立たなくなりました!

ホクロ切除にかかった費用

 医院やホクロの大きさによって異なると思いますので参考まで。念のため悪性のものかを調べるための病理診断料も入っています。

  • 初回(切除時):8,400円(含・再診料)
    • 薬代:1,000円くらい
  • 2回目:抜糸時:500円くらい
    • テープ代:300円くらい
  • 3回目:再診料

 合計で1万円ちょっとでした! 他の治療と平行していたため、再診料等が曖昧になってます。繰り返しますがあくまで参考まで。ちなみに診療明細内訳では「皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(直径2cm未満)」と書かれていました。

通院回数

 初回の診断と切除、抜糸、抜糸後の確認で合計3回通院しました。切除は2回目になることも多いと思うので、通院回数は3〜4回くらいになるかと思います。

そんな感じ

 いまも日焼け止めは忘れずに塗るようにしています。傷跡は1年くらい経てばもっと目立たなくなるんじゃないかなぁと予想。

 とはいえ現段階でもいままでに比べれば目立たず快適です。他人からするとそれほど違いはないかもしれませんが、自分としてはなんだかすごくすっきり。「快適」という言葉が一番近いのですが……これは気になっていたホクロを除去した人だけが感じられる気持ちかも、と思います。もう「発射スイッチ!」とか言わせない!

関連する記事