5月5日(日)のシュールストレミング試食会(通称シュールまつり)、無事に開催・開缶・完食いたしました!
タグ

Categoriesレビュー

登山初心者におすすめの本「一歩ずつの山歩き入門」

Date 2015/01/23 19:26  Modified date 2018/06/10 Author Chihaya  Tags アウトドア トレッキング ファッション 感想
山歩き入門

 突如、登山・トレッキングに目覚め、なんかいい本がないかなーと思っていた時に見つけた「一歩ずつの山歩き入門」が参考になって良かったです。超初心者&体力がない人におすすめ。女性向けの内容です。

Categories技術家庭科

本のしおり紐(あるいはスピン)がバサバサにならないようにする方法

Date 2012/11/06 12:06  Modified date 2014/03/02 Author Yutaka  Tags

 ハードカバーや新潮文庫などでおなじみのしおり紐(あるいは「スピン」)。その名の通り、しおりとして使えます。紙のしおりと違って本にくっついているのでなくすこともありません。ただ、末端処理がされていないので、そのままだと使っているうちにしおり紐がバサバサにほどけていってしまいます。
 読み込むほどにほどけていってしまうというジレンマ。しかし、そんなジレンマとは今日でサヨナラです。

しおり紐
ほどけ始めているしおり紐。
Categoriesicoroからのお知らせ

icoro magazine vol.1 – 電子書籍版「icoro」創刊のお知らせ

Date 2012/10/25 17:55  Modified date 2018/02/14 Author Yutaka  Tags 電子書籍

 iPad miniの発表、Kindleの日本発売決定、楽天によるプレミアムカード会員へのkobo強制送付事件……
 ここ数日、立て続けに電子書籍に関係したニュースが日本をかけ巡りました。しかし、それらは今日、この時へのプロローグに過ぎません。

 さあ、電子書籍版「icoro」発表の時です。

Categoriesニュース

新潟県立図書館に、文字が大きくて読みやすい大活字本が増えたそうです

Date 2012/07/16 11:10  Modified date 2015/04/03 Author Chihaya  Tags 図書館 新潟生活 村上春樹

 新潟市中央区女池南にある「新潟県立図書館」に、文字が大きく、高齢者や弱視の方でも読みやすい大活字本が増えたそうです。「新潟県立図書館友の会」からの寄贈。ありがとう友の会。

「新潟県立図書館友の会」から大活字本を寄贈していただきました。心より御礼申し上げます。
 いただいた本には、「友の会」シールを貼り、「大活字本」の棚(棚番号8B)へ並べました。どうぞご利用ください。
 なお、大活字本は今までインターネット席付近にありましたが、現在はオアシスコーナー近くへ移動しています。オアシスコーナーは閲覧室内にあり、座りごこちのよいソファと眺めのよい窓のそばにあります。
 こちらのコーナーで、大活字本をゆっくりご覧になってみてはいかがでしょうか。 
「新潟県立図書館友の会」から大活字本を寄贈していただきました – 新潟県立図書館ホームページ
Categoriesニュース

「銀の匙」の最新巻に燕三条製の銀のスプーンがついてくる

Date 2012/07/03 20:28  Modified date 2013/05/07 Author Yutaka  Tags マンガ・アニメ

 マンガ大賞2012大賞を受賞した「銀の匙」の最新巻、4巻の特別版に燕三条製の銀のスプーンがついてくるそうです。ちょっとほしいかもしれない。

 マンガ大賞2012大賞受賞・絶大人気連載『銀の匙 Silver Spoon』最新4巻には、第3巻で大好評につき売り切れ続出(申し訳ございません)となった、燕三条製の銀のスプーン付き特別版が出ます!
サンデーNEWS
Categoriesレビュー

栃尾地域図書館にて「源氏物語」の巻十を借りること

Date 2012/05/17 11:40  Modified date 2016/05/10 Author Yutaka  Tags 図書館 新潟生活 行ってみた

 源氏物語を読み始めたのは5年ほど前のことである。なんで読み始めたのかは忘れた。図書館の文学コーナーで目に留まったものを手当たり次第に読むとか、教科書に出てるような古典的な作品を読むとか、そういう自分ルールの中で手に取ったのだと思う。
 全十巻のうち、1年の間に巻八まで読み進め、その後、ちょっと読む機会を失い、2年くらい前に巻九を文庫本で購入して読んだ。そして今回、最後の巻十を図書館で借りて読むことにしたのである。

  1 2 3 ... 6
Back to Top