土鍋のサイズの記事が人気となる時期がやって参りました。
Categoriesニュース

村上春樹の新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」が4月12日に発売

Date 2013/04/08 16:50  Modified date 2013/05/07 Author Yutaka  Tags 小説 村上春樹
村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 | 特設サイト – 本の話WEB

 「1Q84 BOOK3」から3年。村上春樹の新作長編小説が4月12日に発売されるそうです。

 どんな話なのか気になるところですが、特設サイトに執筆に当たっての同期が書かれている他に、特に事前情報はないみたいです。

『1Q84』がいわば
ジェットコースター的な物語だったので、
それとは少し違うものを
書いてみたいという気持ちがありました。
それがどんなものなのか、
書いてみないとわからなかったけど。(筆者談)
村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 | 特設サイト – 本の話WEB

 それがどんなものなのか、読んでみないと分からないけれど。
 Amazonでも予約受付しています。Amazonで予約しても発売日の翌日にしか届かなかったので、自分はこれまで本屋で発売日に買っていました。地方の本屋だと発売日にいきなり売り切れって事もないので。そこは地方の本屋の良いところ。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

  • メーカー:文藝春秋
  • カテゴリ:ハードカバー
  • 発売日:2013/04/12

 どうでもいいですが、村上春樹の文体をマネてそれっぽい文章書くのが結構得意です。まあ、「やれやれ」って言っておけばそれっぽくなるんですけど(それだけじゃないですけど)。お試しください。

 しかしッ! 「やれやれ」の後に「だぜ」をつけると急にスタンド使いになっちまうから気を付けろッ!

Back to Top