ちょんまげで免許更新しました! その後の様子はTwitterfacebookInstagramで随時更新中。 ε≡≡|ト<ε:)ヽゴザルー
Categoriesレビュー

遮音性はどのくらい?防音イヤーマフを買ってみた

Date 2020/04/08 21:00  Modified date 2020/04/10 Author Chihaya  Tags 感想 買ってみた
防音イヤーマフ

 「まわりの雑音が気になって集中できない」「別に音楽が聴きたいわけじゃない」「耳栓はちょっと……」といろいろ考えた結果、ついに防音イヤーマフ(遮音イヤーマフ)に手を出してみました。在宅勤務で集中できない人におすすめのアイテムかも? 耳栓、イヤホンとの比較についても!

防音イヤーマフ

 購入したのはこちら! 「AVANTEK」というメーカー(ブランド?)のもの。Amazonでたしか1,600円くらいでした。NNR(ノイズ減少率)28dB / SNR(SN比)34dB(遮音値34dB)らしいですが、よくわかりません。

 こんな感じの防音イヤーマフはAmazonや楽天にいろいろあります。2,000円しないくらいのお手頃価格。お好きな色をどうぞー。

防音イヤーマフ

 横幅は14cmくらい。付けてるとかなり目立つサイズです。

防音イヤーマフ

 カチカチカチッと6段階くらいでサイズ調節が可能。

防音イヤーマフ

 パッド部分はこんな感じ。耳をまるっと覆ってくれます。

実際に使ってみた感想

防音性・遮音性

 「こんなに大きいのに思ったより聞こえる」というのが正直な感想でした。見た目のごつさからかなりの遮音性を期待してしまいますが、周囲の音を50%くらいカットしてくれる印象です。自分のタイピング音は結構聞こえます。

 具体的には周りの話し声、ラジオやテレビの音などは気にしなければ内容を聞き取れないくらいにカット、声に集中すればなんとか聞き取れるくらいになります。玄関のチャイムや電話の音の他、自分に声をかけられたりすればちゃんと聞こえます。カナル式イヤホンより遮音性は高いです。ほどほどの遮音性でこれはこれで、という感じ。

付け心地

 強い圧迫感があるので、慣れるまで頭が痛くなったりするかも。最初はやけに疲れる感じがありました。慣れてくるとこの圧迫感がやる気スイッチになるかも? 短時間の集中には向いていると思います。自分は頭痛持ちということもあってか、あまり慣れませんでした……そういえば帽子のサイズも大きいんだった……

 耳全体が空間に入り込むので、耳自体は痛くなりません。スタッドピアスであれば問題なく使えます。ただし、耳が蒸れる感じがけっこうあります。

周りに集中アピールしやすい

 耳栓やイヤホンだと周りに気付いてもらえず普通に話しかけられてしまいますが、これだと目立つので周りが「あ、いま集中(仕事)してるのか」と気付いてくれます。パソコンいじってるときは遊んでる時やないんやで……!? わりとこのアピール部分で大きな効果を発揮してくれると思います。

思ったより劣化しない

 耳に当たる部分のウレタンがすぐに剥がれてこないか心配でしたが、購入から半年以上経っても一切問題なしです。思ったより丈夫でした。

他の防音アイテムと比較

防音イヤーマフ

 耳栓、イヤホン、防音イヤーマフのメリット・デメリットを書き出してみました。耳栓は低反発素材のもの、イヤホンは音楽を聴いていない状態を想定しています。あくまで個人の感想です。

耳栓

  • メリット:遮音性がかなり高い、一番コンパクト
  • デメリット:遮音性が高すぎる、周りに気付いてもらえない、耳垢が奥に入りそうなのが気になる

カナル式イヤホン

  • メリット:手に入れやすい、見た目的にも一番普通、コンパクト
  • デメリット:遮音性が低い、周りに気付いてもらいにくい、コードがちょっと邪魔

防音イヤーマフ

  • メリット:周りに気付いてもらえる、そこそこの遮音性
  • デメリット:圧迫感が強い、目立ちすぎる、蒸れる、結局使わなくなりがち

その場に合ったものを使うのが良さそう

 そんなわけで、いろいろ試しましたが、どれも一長一短・適材適所という感じで使い分けるのが良さそうという結論に至っています。じつは防音イヤーマフはしまい込みがちで……すぐに取り出せる耳栓やイヤホンを使うことが多いです。カナル式イヤホンで、もっと遮音性が高いものがあれば最高だと思っている。沼がこわい。

組み合わせて使うのもおすすめ!

 耳栓+イヤーマフ、イヤホン+イヤーマフという感じで組み合わせて使う方法もあり。無音を求めるのなら耳栓+イヤーマフは最強の組み合わせになります!

そんな感じ

防音イヤーマフ

 イヤーマフは遮音性はちょうどいいんだ! あと周りへのアピールも! 圧迫感や蒸れ感が気にならないかどうか、パソコン周りのすぐ手に取れる場所にイヤーマフを置ける場所があるかどうか、その辺りで使いやすさが変わってきそうです。

 というわけで「おすすめ!」とも言い切れず、ふんわりとした感想となりました。家族がいる環境で集中しなければならなくなった人や、音楽は聴かなくていいという人は、耳栓か防音イヤーマフ、どちらかをポチってみてもいいと思います! 意外と集中力、アップします!

ついでに

ダンボール・パーティション

 集中力アップさせたいのなら安価ですぐ作れるダンボールパーティションもおすすめ。耳栓や防音イヤーマフと組み合わせれば確実に集中できる! と思う!!

Back to Top