YouTubeやってます!
Categoriesレビュー

RGのザクIIのガンプラにジョジョ立ちをさせてみた

Date 2013/06/09 20:17  Modified date 2016/05/10 Author Yutaka  Tags ガンダム ガンプラ プラモデル ホビー
RGザクII

 ガンプラというよりはザクが欲しくなってガンプラ買いました。(カップヌードルのガンプラを除外すると)ガンプラ作るのは小学以来なのですが、なんかこれ、オレの知ってるガンプラと違う……!

 最初、「どうせならHGのザクか?」などと考えていたのですが、ちょろっと調べてみたら、今はHGの他にRG、MG、PGとかあるらしい。。なんなら、小学生の時作ったあのHGのガンダムはもう絶版になってるらしい。ワロタwww ワロタ……

  • HG(ハイグレード): スケールは1/144。ガンプラ10周年記念企画として1990年に登場。
  • MG(マスターグレード): スケールは1/100。ガンプラ15周年記念企画として1995年に登場。
  • PG(パーフェクトグレード): スケールは1/60。ガンプラ20周年記念企画として1998年に登場。
  • RG(リアルグレード): スケールは1/144。ガンプラ30周年記念企画として2010年に登場。

 価格(およびキットの複雑さ)は PG > MG > RG > HG という感じになっています。
 さらに各グレード内でもVer.があったりして。たとえば、MGのザクIIはVer.1.0とVer.2.0があります。しかも、Ver.2.0はF型とJ型が別のキットになっていて、もうなんだかわからない!! その上、今年の8月にはMG Ver.3.0のガンダムが出るとか。

MG 1/100 MS-06F/J ザクII (機動戦士ガンダム)

  • メーカー:バンダイ
  • カテゴリ:おもちゃ&ホビー
  • 定価:¥ 2,700

MG 1/100 MS-06F ザクII Ver.2.0 (機動戦士ガンダム)

  • メーカー:バンダイ
  • カテゴリ:おもちゃ&ホビー
  • 発売日:2008-03-23
  • 定価:¥ 3,780

MG 1/100 MS-06J ザクII Ver.2.0 (機動戦士ガンダム)

  • メーカー:バンダイ
  • カテゴリ:おもちゃ&ホビー
  • 発売日:2007-04-29
  • 定価:¥ 3,780

 キットの価格はものによって全然違いますが、HGが1,000円前後、RGが2,000円前後くらいが目安でしょうか。

 「なんかよくわかんねーし、一番安いHGで良いかな……」と思っていたのですが、RGは可動域がハンパないらしいという情報を目にして、「これはRGのザクをジョジョ立ちさせるしかねぇ!」という謎の使命感を持ったのでした。

ザクの組立

 ガンプラは基本的に塗装も接着剤も不要。なんならニッパーさえ不要だったりして、それもうプラモデルじゃなくて立体パズルじゃね? っていう気すらしたりしますが、いや、良いんです。素組ですごくそれっぽいスタイルになるのがお手軽でいいです。だいたい塗装とか途中で飽きちゃう人間なので。

RGザクII
パッケージはこんな感じ。ザクの頭部アップがやべぇステキ。
RGザクII
箱の中身。パーツが細々としてます。
RGザクII
取説はこんな感じ。一部カラー印刷だったり、組み立て図に3DCGが使われているあたりがすごく今っぽくて、時代の流れを感じます。

 今回ガンプラを作ってみてなによりも驚いたのは、バンダイが「アドバンスドMSジョイント」と言っている部品。ランナーに付いてる状態ですでにパーツがある程度組み上がっていて、関節部分が動く!! なんだこれ! 日本の技術力のむだづk(ry
 てか、そういえば関節部分にポリキャップがひとつも使われてない……! ジェネレーションギャップやばい!

RGザクII
一番ビビったのはこれ! ランナーから切りとるだけで、すぐに間接が可動。これ、金型どうなってるの。。
RGザクII
こちらは足のパーツ。何も組み立てることなく、ランナーから切り離すだけで間接が動きます。しかし、複雑すぎてどこが曲がるのかよく分からない。しかも、ちょっと柔らかい素材なので、「どこがどう曲がるんだ?」なんてガシガシいじってると部品が切れ始めたりするので注意が必要。
RGザクII
「アドバンスドMSジョイント」を組み上げたところ。この素体に装甲をつけていくような感じです。すげーエヴァっぽい。

というわけで、2日かけてだらだらと組み上げたザクさんがこちらです。

RGザクII

 いやー、ザクっていいですね。一部デカールを貼った以外は完全なる素組です。肩のパーツも微妙に違う色で構成されていたりして、素組状態でも見た目に陰影が出ます。リアルグレードという名前は伊達じゃない!

RGザクII
 足や腕周りの装甲は、曲げ具合にあわせてズレるようになっていたりします。なんか、すげぇ。

 RGの可動域すごい。劇中のポーズが再現可能になっているらしいです。というか、人間がとれるポーズはほぼ再現可能だと思います。なんなら正座もさせられます。

 ではいよいよジョジョ立ちの時間です!

 1 2 »
Back to Top