電子書籍「いころ放談 No.12」出ました!
Categories旅行

リュウグウノツカイの干物を見てきた

Date 2019/03/16 20:00  Author Yutaka  Tags 行ってみた
富山の旅

 富山で、なんと干物になったリュウグウノツカイが見られるという話を耳にしたので見に行ってみました。(コストコのついでに。)

富山の旅

 リュウグウノツカイの干物があるのは富山県射水市にある「新湊きっときと市場」というところです。

富山の旅

 めっちゃカニ売ってました。

富山の旅

 出発前にサイトを見たら「昼セリもある」というようなことが書いてあったので、ガチ目な魚市場なのかと思っていたのですが、行ってみたら鮮魚中心の観光施設でした。
 なお、「昼セリ(午後に行われるセリ市)」は近くの漁港で行われるみたいです(あとでよく読んだら見学の申込み先が「新湊きっときと市場」というだけだった……)。

富山の旅
カレーちゃんなつい! ほたるいかカレーやよ!

 普通のおみやげも売っています。印象としては鮮魚2割、おみやげ8割。ほとんど道の駅です(道の駅だとは言っていない)。浜焼きコーナーなんかもありました。

リュウグウノツカイ(の干物)

富山の旅

 さて、目的のリュウグウノツカイ(の干物)ですが、入ってすぐ左手に横たわっていました。
 最初、それと気が付かず、ただテーブルが置いてあるんだと思った……お昼過ぎだったので、ランチ用の寿司とか弁当とか並べてあったのかなって……

富山の旅

 キレイに色が残ってるなぁ、と思ってよく見たら着色してありました。まあ、普通に考えて干物の状態でここまで鮮やかに色が残ってたらすごいですよね。

富山の旅

 腕を伸ばしてちょっと上から撮影。3.8mあるので写真に収めるのがちょっと大変。

富山の旅

 浜常食品というところが干物にしたようです。

 着色は賛否ありそうですが、リュウグウノツカイの雰囲気を伝える方法としてこれはひとつの回答かなって思いました。

ダイオウイカ(の干物)もあるぞ

富山の旅

 なんとここにはダイオウイカの干物(するめ)もありました。失われがちな長い触腕も残っています。てか、また浜常食品!

富山の旅

 こちらがスペック。2015年に揚がったもののようです。

富山の旅

 ヒトと比べるとこんな感じ。

なかなか攻めてる

富山の旅
きっときと市場近くにある新湊大橋がなんかすごかった! 海外みたいだった! 車道の下に歩行者専用道があって歩いて渡れるらしいすごい! 今度来たら渡る!

 リュウグウノツカイはいつまで置いてあるのかわからないので、見たい人は早めに行ったほうがいいかもです。でも、2015年のダイオウイカがまだ展示されているところをみると、リュウグウノツカイもしばらくは展示されてそう。
 ここ、過去にはダイオウイカの試食会とかいうなかなか攻めたイベントをしていたりして、今後も注目せざるをえないな!

参考

ゆるゆる深海生物図鑑

  • 著者/訳者:そにし けんじ
  • 出版社:学研プラス ( 2017-06-13 )
  • 単行本:175 ページ
  • 定価:¥ 1,078
Back to Top