5月5日(日)のシュールストレミング試食会(通称シュールまつり)、無事に開催・開缶・完食いたしました!
Categoriesレビュー 旅行

「栄食堂」にたら汁を食べにいってみた

Date 2019/02/16 23:52  Modified date 2019/04/04 Author Yutaka  Tags 行ってみた 食べてみた
たら汁の旅

 寒くなったので、富山の朝日町にある栄食堂にたら汁を食べに行ってきました。

たら汁の旅
走って、走って、走って、橋を渡ろうよ。

 いつからなのか、なぜなのかは知りませんが、新潟の糸魚川から富山の朝日町にかけてのフォッサマグナエリアの海岸沿いには「たら汁」を出すお店がぼちぼちと存在しています。たら汁自体は一年中食べることができますが、タラの旬はやはり冬! たら汁を食べるなら冬なのであります!

たら汁の旅

 親不知の洞門を抜けて朝日町に入ると国道8号沿いに「たら汁」と書かれた看板がいくつか現れます。今回はド定番の「栄食堂」へ。

たら汁の旅

 国道8号を富山方面へ走っていると右に現れるのが栄食堂 [地図]。もともと長距離トラックドライバーが主なターゲットの食堂ということもあり、駐車場がやたら広いです。

たら汁の旅

 なんと道路の反対側も栄食堂の専用駐車場になっていました。テレビで紹介されて以来、土日(とくにお昼頃)がすごい混むらしいです。でも我々が行った日は平日の昼過ぎ(14時半)だったので全然人はいませんでした。ほぼ貸切状態。

たら汁の旅

 店舗を正面から。今年は雪が少なくてありがたいかぎり。

たら汁の旅

 アルミ鍋が積んである……!

ちょっと独特な注文&会計システム

たら汁の旅

 壁に掛かっているメニューは店員さんに頼みます。価格はすべて税抜表記です。席にメニューは置いてないので、メニューを暗記しておくか、メニューを見上げながら注文してください。
 なお、聞いた話によるとホルモン焼き(550円)がおいしいらしいです。今回はたら汁の量がわからなかったのでとりあえず保留。

たら汁の旅

 壁に掛かっているメニューのほかにサイドメニューが入れられたガラスケースがあります。
 こちらは自分で中からほしいものをとりだして席に持ってくスタイルになっています。かつての吉野家のコールスロー的なあれです。

 どうでもいいですが、今の吉野家ってお新香やコールスローを自分でとるスタイルじゃなくなったんですね。そもそもコールスローなくなってるし。

お新香とサラダは食べ放題だお( ^ω^)
勝手に取って食べまくるといいお( ^ω^)

の意味がわからなくなっていくのか……

たら汁の旅

 貼り付けてある数字が値段です。刺身や塩辛、サラダなどがあります。角煮なども冷蔵されていますが、店員さんに頼めば温めてくれます。値段は一皿200円から700円くらい。食べ放題じゃないお( ^ω^)

たら汁の旅

 会計するときは店員さんに声をかけて席で会計してもらいます。「ガラスケースから持ってきたサイドメニューもちゃんとわかるのか?」と心配になりますが、安心してください。ちゃんとわかるみたいです。それどころか、暗算で消費税まで計算しちゃうのすごい。なお、10円未満は切捨の模様。

たら汁

たら汁の旅

 前置きが長くなりましたが、たら汁です。たら汁はアルミ鍋(φ20cmくらい)で無造作に提供されます。これで800円。

たら汁の旅

 たら汁の量は提供された深皿(φ15cmくらい)で4杯強ありました。2人で食べたのですが、たら汁だけでお腹いっぱいになります。
 あまりの量に「もしかして2人前(というか2つ分)になっているのでは……」と疑ったりもしましたが、勘定はちゃんと800円だったのでどうやらこれが最小単位の模様。ひとりでは食べきれない気がする……

たら汁の旅

 具はタラとネギとゴボウくらいしか入っていないシンプルスタイル。味は上品な塩味で、味噌感はあまりないです。これだけでごはんを食べるのは難しいと感じてしまうのは、食塩摂取量上位ランカーの新潟県民ゆえか。
 なお、たら汁に使っている味噌は丸善醤油株式会社が出している(常陸宮ご夫妻御用達の)「フッキ味噌」らしいです。店内にポスターが貼ってありました。

たら汁の旅

 というわけで、ごはんのお供用にガラスケースから刺身(600円)とホタルイカの沖漬け(300円)を調達してきました。刺身は何種類か組合せがありました。

食べたものと価格

たら汁の旅

 今回食べたものと価格は以下の通り。2人分です。

  • たら汁 800円
  • ライス(中) 200円
  • ライス(小) 150円
  • 刺身 600円
  • ホタルイカの沖漬け 300円

 小計2,050円。ここに消費税を加算して2,210円(10円未満切捨)でした。

3、4人で食べに行きたい

たら汁の旅
店内は意外と広くて、テーブル席のほか小上がりもありました。

 たら汁を食べるなら3、4人で行ってひとつ頼み、みんなで分け合うのがオススメです。あとは各々好きなメニューを頼むようにすると、たら汁もほかのメニューも楽しめます。
 次に行ったらホルモン焼きを食べてみたい!

参考

るるぶ富山 立山 黒部 五箇山 白川郷’20 (るるぶ情報版地域)

  • 出版社:ジェイティビィパブリッシング ( 2019-02-08 )
  • ムック:144 ページ
Back to Top