ル レクチエの保存方法・食べ頃・切り方の記事が人気です。
Categoriesレビュー

SA・PAによくあるAPEXのカップ式コーヒー自販機のカップを集めてみた

Date 2021/03/10 21:00  Modified date 2021/03/24 Author Chihaya  Tags コーヒー サービスエリア 自販機 高速道路
自販機カップ

 高速道路のサービスエリア・パーキングエリアでよくみかける「APEX」(アペックス)のカップ式コーヒー自動販売機。いろんな柄の紙コップがあってかわいい……季節ごとに柄が違う? そうだ! 全部集めてみよう! というわけでカップをコンプリートするまで飲んでみました!

越後川口SA

 SA・PAでみかけるコーヒー豆挽きたて系のカップ式コーヒー自動販売機。ちょっと前は「コーヒールンバ」の流れる自販機がよく設置されていましたが、最近はあまり見かけなくなったような。「コーヒールンバ」のほうは「トーヨーベンディング株式会社」のもの、そして今回ご紹介するのは「株式会社アペックス」の自販機です。

越後川口SA

 この自販機の特徴はカラフルでかわいいカップ。どうやら複数種類あるらしい、季節ごとにありそうだから4種類? 季節に合わせて切り替わるのか? と疑問に思ったので、コンプリートを目指して集めてみることにしたのであります。

 ちなみに普通サイズが「Big」、より大きいサイズが「Jumbo」です。アイスコーヒーを買うと透明のカップで出てきます。

集めたカップがこちら!

自販機カップ

 かぶってしまった柄は重ねてあります。以下、購入時期と柄の内訳です。思ったより順調に集まりました。

  • 5月:春、秋
  • 6月:夏
  • 8月:春x2
  • 11月:秋、冬、ビッグ黄緑x2、ビッグ茶色
  • 12月:ビッグ茶色
  • 1月:冬

 記録を取る前のものもあるのですが、5月に秋のカップが出てきたりと、出てくるカップの種類は季節には関係ない様子です。「夏なのにクリスマス柄! この自販機、全然売れてないな!?」とか思ってたのですが、そういうわけじゃない様子。安心してご購入ください。

 ここからはひとつずつじっくり見ていきたいと思います。

共通の文言

自販機カップ

 ビッグサイズ、ジャンボサイズ共通で全てのカップに「The Best Cup, Making Your Moment」の文字が入っています。APEX社のサイトや別機種で使われているカップに「最高の一杯、最高のひととき」という一文が書かれているので、その英訳だと思われます。

自販機カップ

 色はピンク。木には桜の花が咲いており、木のてっぺん付近に仲睦まじそうな鳥が2羽止まっています。木のうろにもう1羽。文字面には赤い風船が飛んでいます。

自販機カップ

 夏は青を基調とし、海と空が描かれています。木のうろにいる鳥(ヒナ?)に赤い実を運ぶ2羽の鳥。文字面には花火、そして海にはイルカやヨットが描かれています。

自販機カップ

 黄色を基調としたカップ。赤いモミジの葉っぱが舞い散っている感じです。木には葉っぱをくわえた鳥が1羽。木のうろの中とその近くにはリスの姿があります。文字面には月、そしてウサギ2羽が描かれています。

自販機カップ

 紺色を基調としたクリスマス感あふれるカップ。雪の結晶がちりばめられ、木には2羽の鳥とオーナメント。雪だるまの姿もあります。文字面には赤い鼻のトナカイ。

ジャンボサイズ:黄緑とベージュ

自販機カップ

 ジャンボサイズのほうは柄は共通、黄緑とベージュの2種類のようです。木には赤い花と葉っぱ、花をくわえて飛ぶ鳥、そして木のうろの鳥も花をくわえています。文字面にも花と葉っぱが舞っている感じです。

限定販売シリーズのカップ

自販機カップ

 自販機によって「特別な一杯」として高級路線の「世界の厳選希少豆シリーズ」が入っているところもあり(この場合はAPEX社製自販機が2台置いてある気がします)。そのシリーズのカップは……

自販機カップ

 このようなえんじ色っぽいカップで出てきます。ちょっと高級感あり。

自販機カップ

 「The ORIGIN of Apex」「Specialty Coffee Series」の文字が入ってます。

そんな感じ

集合写真

自販機カップ

 無事にコンプリート! 全部並べることができて満足です!

自販機カップ

 「すべて集めると鳥たちの関係になにかストーリーが見えてくるのでは!?」と期待したのですが、特にそういうのはありませんでした。でもかわいかったからヨシ! 個人的には冬バージョンのカップが好きです。

 カップを集めるためにいろいろ飲んだので、次回はそれぞれのコーヒーの感想をお届けしたいと思います!

参考

Back to Top