※弊社記事はたぶんにPRが含まれますので
話半分で受け取ってください。

6/9(日)まで新潟県立歴史博物館の売店運営してます!詳しくはこちら

今後一切、彼に関する話題は扱いません

 奇跡の救出を受けた人間は、一体いつまで、奇跡の人でなければいけないのでしょうか。

奇跡の救出劇から3年余り。大きく成長し晴れの日を迎えた優太君は、1年生として新たな生活をスタートさせた。
新潟日報 NIIGATA NIPPO On Line

 9日付の新潟日報の一面に出ていた記事。こういう記事を見ると、マスコミってのはなんか勘違いしてるんじゃないかな、と思います。
 彼はいつまで、母と姉の死を背負わされ、彼はいつまで、奇跡の子供でいなければいけないのでしょうか。マスコミはいつまで、彼の成長を追うつもりなのでしょうか。この記事で、一体何を伝えたいのでしょうか。

 というわけで、今後一切、彼に関する話題は取り扱わないようにしたいと思います。

関連する記事