いつもの放談をまとめた「いころ放談 No.10」が配信中です!
Categories旅行

大地の芸術祭2018に行ってみた – 5日目(県道426号編)

Date 2018/10/12 20:54  Author Yutaka  Tags アートトリエンナーレ 大地の芸術祭 行ってみた
大地の芸術祭2018

 終了時刻の17:30にはまだ1時間半ほどあるので、県道426号へ。

D328 つんねの家のスペクトル

大地の芸術祭2018

 15:40。D328 つんねの家のスペクトル
 道のり的にはD346のほうが先なのですが、D346は看板にスタンプがぶら下がってるタイプの展示っぽかったので後回しにしました。

大地の芸術祭2018

 ハサミやカマなどのぬいぐるみ(?)がぶらーんとしてました。

大地の芸術祭2018

 ワラでできたブタかな?

大地の芸術祭2018

 2階。すごいモダンな部屋の中で黒いものがくるくる回ってました。こういうのはとりあえず回る傾向がある気がする。

D103 明後日新聞社文化事業部

大地の芸術祭2018

 15:50。続いて D103 明後日新聞社文化事業部。道沿いに大漁旗みたいなのが立ってる。
 ここに向かう途中でレンタサイクルらしき自転車に乗った3人組の女性(たぶん外国人)とすれ違ったのですが、ちゃんと帰れたのだろうか……

大地の芸術祭2018

 ここも廃校を利用した施設でした。っていうか、廃校多くない?

大地の芸術祭2018

 建物の2階が展示室になってました。
 D347もそうでしたが、一階が物置で、2階が教室という構造が多い気がします。やはり雪対策。

大地の芸術祭2018
大地の芸術祭2018
大地の芸術祭2018
大地の芸術祭2018

 ワークショップがメインって感じの展示でした。合宿みたいなイベントもよく行われてるみたいです。

大地の芸術祭2018

 トイレは1階の奥にありました。私はこのトイレのおかげで社会生命を絶たれずに済みました。こんな山奥なのにシャワートイレ完備でキレイ!

大地の芸術祭2018

 D326は徒歩で上がります。また徒歩……なのか……

大地の芸術祭2018

 上までの距離は200m前後といったところ。

大地の芸術祭2018

 一番奥にある小屋みたいなのが D326 ギャラリー幸七 でした。特に看板とかありません。

大地の芸術祭2018
大地の芸術祭2018

 中はこんな感じ。

D346 狐の棚田プロジェクト2018

大地の芸術祭2018

 16:30。道を戻って D346 狐の棚田プロジェクト2018 へ。すでにその名が滑っている「滑らない神社」の階段脇がD346になっていました。

大地の芸術祭2018

 田の形がキツネのカタチになっています。

D104 ぶなが池植物公園「マザーツリー空中庭園」

大地の芸術祭2018

 16:55。D104 ぶなが池植物公園「マザーツリー空中庭園」
 まだ17時になっていなかったので D330 ドクターズ・ハウス に間に合うかと思って行ってみたのですが、どうも店じまいしてるっぽかったので、来たついでに近くのこちらを拾っていくことにしました。

大地の芸術祭2018

 階段になっていて、登ることができます。このときの我々にはもはやそんな元気はありませんでしたが。

5日目終了

大地の芸術祭2018
帰りに十日町を経由して、段十ろうのイルミネーションを撮影。また緞帳は見られず。

 これにて5日目は終了。なかなか大変な一日ではありましたが、だいぶスタンプが集まったぞ! これで松代エリアでスタンプをゲットしてない場所はあと5ヶ所。これはスタンプコンプも見えてきたんじゃない?!

Back to Top