YouTubeやってます!
Categories技術家庭科

採用率アップするかも?高校生の就職活動・面接のポイント

Date 2015/10/08 20:26  Modified date 2016/05/09 Author chihaya  Tags
water-cell見学会

 今年も高校卒業と同時に就職する生徒の採用試験が始まりました。採用担当者や就職活動を行った生徒から話を聞き、企業側はどこを見ているのか、なにが採用の決め手になるのかをまとめてみました!

 今回のまとめは、とある地方都市で実際に聞いた話(企業の採用担当者と就職活動を行った生徒の話)をまとめたものです。それゆえ地域によってはこの通りではない可能性もありますが、参考にして頂ければ幸いです。

成績:良いに越したことはないが、評定がそこそこならOK

 重要に思える成績ですが、まだ高校生という点、そして同じ高校から複数人が入社試験を受けることが多く、そうなると学力にあまり差がないため、(高校生側が思うほど)企業側は成績・評定には重点を置かないようです。ただしあまりにも評定が低い場合はこの通りではありません。

対策

 ずば抜けて成績が良くなくても大丈夫ですが、そこそこの成績はキープしておきましょう。また、資格等で挽回するチャンスもあります。

素直そうか、話しやすい雰囲気があるか

 面接で判断されるもののメインはその人が持つ雰囲気です。高校卒業後に即就職する場合、入社後に現場の様々な人から直接指導・教育を受ける場面が多いです。企業側も「育てていく」意識が強いので、素直そうか、しっかりしているか、社員と仲良くやっていけそうか、そういった点を重視します。
 ゆえに入社試験時に雑談風の会話になることも少なくありません。実際「大河ドラマの話で盛り上がってきた」という生徒もいました。そして無事採用となっています。

対策

 学校の面接練習では、志望動機、高校時代にがんばったこと、入社したらがんばりたいこと等の一般的な質問に対する受け答えしか練習しない場合が多いです。しかし雑談風の会話など、少しくだけた雰囲気になることも多い様子。堅い質問だけでなく、趣味の話や最近の出来事等、ゆるい雰囲気の受け答えも練習しておくと良いです。その中で笑顔を見せたりすることができると好印象を持ってもらえます。

欠席が少ない・部活動を3年間続けている

 せっかく就職が決まっても、残念ながら辞めてしまう子も少なくありません。企業側から見ると教育に裂いた時間や人件費は損害です。それを避けるための指針として「欠席が少ない」「部活動を3年間続けている」等の実績は「仕事を続けられそう」という評価につながるそうです。

 部活動に限らず、習い事やスポーツ等、なにかを長く続けている場合はかなり有利になります。特技の欄もそれで埋めることが可能。もちろん、無遅刻・無欠席、欠席日数が少ない人も好まれます。

対策

 これは一朝一夕でできるものではありません。なにかしら続けているものがある人はそれは強力な武器となります。面接時の受け答えでも自信を持ちましょう。

学校で指定されたもの以外の資格を取得している

 英検や漢検は高校側が受験させることが多く、「学校で取らされた」という人が多いので、よほど上の級を取得しているのでなければあまり重視しないとのこと。英検や漢検は「持っていて当たり前」という状態です。しかし、それ以外の資格や、準1級・1級等、がんばらないと取れない資格を持っている生徒は「向上心がある」「自分から行動できる」と評価されます。

 また、他の人が持っていない資格は話が広がりやすいというメリットもあります。ここでしっかりと資格の説明ができれば良い印象を与えることが可能です。

対策

 みんなが持っている資格を避け、他の人が持っていない資格や、希望する会社の業種にあった資格に挑戦してみると良いかもしれません。
 採用担当者から聞いた話ですが、学校で取らされた資格の場合、その内容を詳しく理解していない生徒が多く、残念な印象を受けることがあるそうです。「資格の欄にある〇〇300点とはどういうものですか? 英検とは違うのですか?」という質問に対し「学校で受けさせられたので……よくわかりません……」といった曖昧な答えが返ってくることがあるとか。これではせっかくの資格もマイナス印象になってしまいます。学校で取らされた資格であっても「〇〇が運営している英語検定で、合否ではなくスコアで成績がでます。300点はけっして高い点数ではないですが、現在の英語力を知ることができました。」という感じで相手に説明できるようにしておくと良いです。

そんな感じ

人柄を見てもらえるのは高校生ならでは

 大学や専門学校に行ってからの就職活動は、在学中の成績、実績等が重視され、ここまで人柄を見てもらうことはできません。それに対して高校生は企業側も「入社後に育てる」という意識があるので、しっかりと人柄を見てくれます。

 面接では入社後にがんばれる、しっかり続けられるというアピールが大事です。緊張すると思いますが、ハキハキと明るく受け答えをしましょう。そしてがんばって内定を勝ち取ってください!

[ハルタ] ローファー トラディショナル 3E 合皮 メンズ 6550 (ブラック/27.0cm)

  • メーカー:HARUTA(ハルタ)
  • カテゴリ:ウェア&シューズ
  • 定価:¥ 7,020

[ハルタ] ローファー トラディショナル 3E 本革 レディース 3048 (ブラック/23.5cm)

  • メーカー:HARUTA(ハルタ)
  • カテゴリ:ウェア&シューズ
  • 定価:¥ 8,100
Back to Top