YouTubeやってます!
Categoriesレビュー

工場夜景 – 夜空を焦がすオレンジの炎の近くへ行ってみた

Date 2015/05/26 21:16  Modified date 2016/05/10 Author Yutaka  Tags 夜景 新潟県 行ってみた 見学
工場夜景

 それは8月もお盆を過ぎた頃の話。夜になると遠くの山の上に現れるオレンジの光を追ってみました。

 いつも見えるわけではないのですが、年に何回か山の上に現れるオレンジの光。少し揺らめくような光り方からして炎が上がっているのだと思うのですが、だとしたらかなりの火柱があがっていることが考えられます。
 方角的には長岡市の小国・越路、小千谷の片貝あたり。あのあたりは元々ガス田や油田が多いところなので、今回もその類いなんだろうと見当を付けて、夕涼みがてら車を走らせました。

 山の上にあるため、遠くからはよく見える一方、近くに行くと山に隠れて見えなくなってしまいます。そのため、後半はほとんどカンで車を走らせていたのですが、丘陵地を登ったところで目の前に炎が現れました。

工場夜景
Bingo!
工場夜景
炎の明るさに合わせて撮影するとまわりが暗くなるし、まわりの明るさに合わせるとと炎が白く飛ぶジレンマ。
工場夜景
周囲には「ゴオォォォォオオオオ!」という燃焼音が響き渡っています。炎からは100mほど離れているのですが、見ていると顔面が熱くなってくる。夕涼みどころの騒ぎではない!
工場夜景
写真では分かりませんが、炎のまわりを飛んでいる鳥や虫の姿もありました。文字通り「飛んで火に入る夏の虫」になった鳥や虫もかなりいそう……

 あとで調べたところ、これは石油資源開発の片貝ガス田探掘井(たんくつせい)でした。2012年に出来た新しいガス田のようです。

石油資源開発は既存の油ガス田でも新たな井戸を掘り生産増に力を入れる。先月14日には新潟県小千谷市の片貝ガス田で4年ぶりの掘削に成功。「ゴーッ」という耳をつんざく燃焼音とともに探掘井から噴き出る10メートルの炎は圧巻だ。
眠る資源列島 革命前夜  :日本経済新聞

工場夜景も楽しめる

工場夜景

 探掘井の炎を後にして車を進めると、今度は一転して片貝ガス田の静かな工場夜景が楽しめます。こちらもなかなか趣深いです。

工場夜景
工場夜景 〜下弦の月を添えて〜
工場夜景
背後では探掘井の炎が夜空を焦がしています。

片貝ガス田は燃えているか

工場夜景
帰りに寄ったコンビニの駐車場から。

 片貝ガス田の炎は関越道からも見えるので、気になっている人も多いのではないでしょうか。冬の間は炎を見る事はなかったのですが、最近また帰り道で炎が上がっているのを目にするようになったので、炎を間近で見たい人は今がチャーンス! 見学するときはお仕事の邪魔にならないように気を付けましょう!

所在地

参考

工場夜景

  • 出版社:二見書房 ( 2015-02-12 )
  • 単行本:126 ページ

パリは燃えているか [DVD]

  • 販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン ( 2015-04-08 )
  • 時間:173 分
  • 1 枚組 ( DVD )
  • 定価:¥ 4,104
Back to Top