YouTubeやってます!
Categoriesまとめ

肌が荒れたので皮膚科に行ってきた

Date 2015/04/06 20:09  Modified date 2016/05/10 Author chihaya  Tags 保健 医療・福祉
アレルギー検査

 突如肌荒れを起こしたので皮膚科に行ってきました。そのついでにアレルギー検査をしてもらったという流れだったのです。

 基本、体は丈夫な方なのですが、肌だけはものすごく弱く、今回もまたなんかにかぶれたのかなー、さすがに薬欲しいなーと思って皮膚科に行ってきました。思い返してみるとお昼に食べたマンゴープリンがあやしい? もしやアレルギー!?

 今回、肌が荒れた様子を写真に収めたのでそれも公開しておきます。閲覧注意ってほどではないと思いますが念のため。

肌荒れの症状

症状

 夕方、仕事場でなんだか唇に違和感が。ちょっと腫れているような感覚がするものの、鏡を見ても別になんともなく。が。夜10時頃になると唇の周りが腫れているのが見てわかるように。しかもちょっとブツブツしている! 赤みを帯びて若干熱も持っている感じになり、その後は頬の方にも湿疹が出始めました。

アレルギー検査
花粉症皮膚炎も同じような症状だと思われます。

 そして翌朝、目の上を含め顔全体がはれぼったい感じなっておりました。かゆみも少しあり。口の周りの熱は引いたものの、唇にできた小さなブツブツが気になる……

マンゴーでかぶれたorマンゴーアレルギー疑惑

 その日および前日に触ったもの、食べたものから原因を割り出す作業に入ります。いつもかぶれを起こす植物・樹木系は触ってないし……山にも分け入っていない。あ、お昼にマンゴープリンを食べている。ケーキ屋さんのプリンで、濃厚なマンゴープリンの上にカットマンゴーがのったもの。これは怪しいぞ……と調べてみるとマンゴーはウルシ科! しかもマンゴーはアレルギーの原因にもなるとか。これっぽい!?

何科を受診すればいいの?

 いつものかぶれなら迷わず皮膚科なのですが、今回はアレルギーの可能性も否定できないわけで。こんな時はどうすればいいの? と思いネットで調べてみたところ、現在出ている症状の科+アレルギー科併設(併記)してある病院・医院に行けばいいらしいとのこと。湿疹であれば皮膚科+アレルギー科、目に症状があれば眼科+アレルギー科、全身症状であれば内科+アレルギー科、という感じで選べばいいっぽいです。お子様は小児科+アレルギー科のところが多いので行きやすくていいですね。

アレルギー科のある医者・病院を探す

 いつも行っている総合病院に期待したのですが、残念ながらアレルギー科はなし。こんな時はネットで検索。はじめて「TeNY 医療の広場」を使いました。今回のように診療科目で探したい時は便利です。新潟県内で医院・病院を検索したい時は是非。でも先に地域を指定していないと膨大な量がヒットするので探すのが大変です。

 結局、以前行ったことのある皮膚科がアレルギー科併設だと発覚しました。

というわけで皮膚科を受診

 「なんか顔が荒れてしまいましてー」と皮膚科を受診。やり取りはこんな感じ。

  • 化粧品変えた?→変えてない、でも変えると肌荒れを起こすことはよくある
  • 花粉症でしょ?→鼻水・目のかゆみ等の自覚症状はなし。昔、検査でスギ花粉アレルギーはあるかもといわれたことは有り。
  • この時期、黄砂や花粉が肌について肌荒れを起こす人が多いんだよね→え、肌にも症状出ることあるんですか!?(花粉症皮膚炎というらしい)
  • 「マンゴープリン食べたんですけど」と申告→口の周りだけでなく、顔全体に出てるから違うと思う。なにか触れる物が原因のはず。

 そんな感じのやり取りの後、とりあえず抗アレルギー剤(服薬)と弱いステロイド薬(塗り薬)を出しておきますねーとなりました。女性は化粧をする分、肌荒れの原因を特定するのが難しいようです。あと春先に肌荒れを起こす人はスギ花粉が原因の可能性大とのこと。薬局でも「肌荒れは毎年ですか?」と聞かれました。いえ、そんなことはないんですけども。

アレルギー検査をしてみることに

 小学生の頃、アレルゲンを皮下注射する判定法で、スギに対するアレルギーがあるかもと言われたことが有り。いつか自分も花粉症を発症するのか……この肌荒れはその幕切れなのかもしれない……
 「あ、そういえば待合室でアレルギー検査のポスターを見たんですけど!」と聞いてみたところ「あ、じゃあやってみる?」という感じで簡単に検査となりました。結果が出るのは週明け、その頃に結果を聞きに来て下さいとのこと。出された薬も1週間分なのでちょうど良い。

 そんなわけで受けてきたアレルギー検査についてはこちらをどうぞー。

その後の様子

 発症から3日目、医者に行った翌日が症状のピークでした。頬からこめかみにかけて湿疹が広がり、赤みを帯びているためちょっとひどい見た目に。目の下が真っ赤なので酔っ払いみたいな見た目になっておりました……でもその後は赤みもひいて一気に回復。症状が出ている間は化粧はせず、マスクで顔を隠すようにしてました。

アレルギーの薬

 初めて飲んだアレルギーの薬。処方時に眠気が出やすい薬なので気を付けて下さいとは言われてたのですが、いやー、眠いというかだるい、しゃっきりしない。花粉症の薬を飲むとスッキリしないと聞いていましたが、これかー! と理解しました。これはこれでちょっと辛いですね……

1週間後、結局原因は特定できず

 そんなわけで1週間後、すっかりきれいに治ったところでアレルギー検査の結果を聞きに行きました! が。まさかの全て陰性。あれ? 自分スギアレルギーじゃなかったのか! そしてマンゴーアレルギーがあると反応が出るというラテックスにも反応なし。先生も「なにも反応でなかったね……」と若干困惑気味でした。

 ついでに聞いてみたところ、アレルギー体質とかぶれやすさは別物らしいです。アレルギーは持っていないものの、かぶれやすいという体質には今後も気を付けていかねばならない感じですかねー。これでも子供の頃に比べると格段に肌が強くなってます。

そんな感じ

アレルギー検査

 結局原因はわかりませんでしたが、なんにでもかぶれられる体質の持ち主なので、なにかに触ったのが原因だと思われます。アレルギー性じゃないとわかったので良かったです。そして「花粉症皮膚炎」なる症状も知れたので良かったということで。

 このかぶれやすい体質と今までかぶれたもの、かぶれた時の対処法は近々記事にしようかなーと思っておりますー。

参考

サニーク 快適さわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入

  • メーカー:白元アース
  • カテゴリ:ヘルスケア&ケア用品
Back to Top