YouTubeやってます!
Categoriesレビュー

真夏の夜の天文まつり!「胎内星まつり」に行ってみた

Date 2013/08/24 11:06  Modified date 2016/05/10 Author Yutaka  Tags ゆるキャラ 天文 行ってみた
胎内星まつり

 今年も胎内星まつりが開催中! 2013年の胎内星まつりは8月23日(金)から8月25日(日)まで。行くなら今日8月24日(土)がオススメです!
 というわけで、この機会に(あげ損ねていた)2012年の星まつりの様子をレポートしたいと思います。

 「胎内星まつり」は毎年夏のこの時期に新潟県胎内市で開催される天文イベントです。昨年その存在を知って行ってみたのですが、なかなかマニアックなお祭りでした。

 到着したのは18:30頃。すでに会場周辺の駐車場(というか路肩)は車でいっぱい。でも、胎内高原ゴルフクラブの駐車場は割と空きがあったので、素直にそちらに駐めることにしました。会場までは10分くらい歩く必要がありますが、苦労して路駐するより楽なのでオススメです。

胎内星まつり
 会場周辺はいっぱいでしたが、ゴルフクラブの駐車場は全然余裕で駐車できました。ただし、開場時間が0:00までとなっているので、帰りの時間にはご注意を。

 星祭り開催中は会場付近にテントエリアが設定され、朝から晩まで天体観測に浸れる場所となります。ただキャンプをしに来ただけのような人から、ガチな天体望遠鏡を構えている人まで様々。中には大学の天文部の名前もありました。

胎内星まつり
胎内自然天文館では60cm望遠鏡での天体観測も可能。ただし、すごい人気なので(というか他に見るものもないので)、整理券をゲットしたい人は早い時間に行きましょう。19:00頃に行ったのですが、その時は22:00だったか23:00だったかのかなり深い時間の回しか空いてませんでした。

出店ブースがマニアックすぎる!

胎内星まつり
胎内自然天文館の前が星まつりのメインステージとなっており、星空コンサートが行われていました。

 胎内星まつりでは、普段胎内自然天文館の駐車場となっているところがメイン会場となっており、多くのお店が出店しています。その出店している店のほとんどが光学機器メーカーだったり、天文系のソフトウェアを扱ってる会社だったりとマニアック!

 さらに会場は自作の天体望遠鏡や機材のデモの場としても使われています。会場の通路にいくつもの天体望遠鏡が置かれて、「商品にしてはプロトタイプ感溢れてるなぁ」なんて思って見ていたのですが、ふとした拍子に「あ、これ、自作の天体望遠鏡を披露してるんだ」と気付きました。星まつりヤバイ!

胎内星まつり
会場のテントブースでは、他の屋外イベントではあまり見ることがない天文系の会社が並んでいます。
胎内星まつり
ずらっと三脚が並んでいて何事かと思ったら、売り物でした。。手ぶらで行っても星の観察に必要なモノはすべてそろうぞ!
胎内星まつり
三脚が道にあふれ出してるかと思えば、一方ではずらっと天体望遠鏡が並んでいたり。「これも売り物?」と思いきや、こちらは自作の天体望遠鏡らしいです。ディープすぎてステキだぜ……

飲食ブースも見逃せない!

 飲食ブースは基本的に胎内市の商工会だとか胎内市でお店をやってるところが出店しているみたいです。地域のうまいもの紹介的な部分があるようで、値段の割にうまい。しかも、これがまた20:00を回ったあたりからガンガン安くなります。デフレと食欲が止まりません。
 ただ、安くなればその分売れやすくなるので、そのあたりは売れ行きと価格を見極める力が必要になります。

胎内星まつり
光学メーカーばかりではなく、もちろん飲食店もあります。後半になるとデフレがヤバイ。
胎内星まつり
というわけで、買い食いした。唐揚げに地ビールとか、もう終わってる。
胎内星まつり
「もつ焼き」ののぼりが高々と上がっていたのですが、胎内ってもつ焼きが有名なんですか?
胎内星まつり
よく分からないから食った。うまい! 特に反省はしていない。
胎内星まつり
胎内市のゆるキャラ「やらにゃん」の形をした「やらにゃん焼き」ですって?
胎内星まつり
けしからんから食った。米粉配合でもちもちうまい! 特に反省はしていない。

星空コンサートで盛り上がれ東北大生!

 星空コンサートは胎内星まつりの主要イベントのひとつです。ホームスイートホーム、HO-TSU-MA、ORANOA、アクアマリン、豊田さんと仲間達、そして、天文ガイダース2はこの星空コンサートの常連となっているようです。

胎内星まつり
「豊田さんと仲間達」が演奏中でした。星空の下、アンビエントな曲でまったりしました。(かき氷を片手に。)
胎内星まつり
……と、ステージ脇になにやらケミホタルを身にまとったナゾの部族を発見。
胎内星まつり
 ステージは天文ガイダースにバトンタッチ! 天文ガイダースは雑誌「天文ガイド」の編集スタッフで結成されたバンドです。
胎内星まつり
 そして、ナゾの部族出てきたー!実は東北大の天文部員なんだぜ……信じられないだろ……
 前の年まで花火を使って盛り上がっていたらしいのですが、会場付近での花火がNGになったため、花火の代わりにケミホタル装備になったらしいです。
胎内星まつり
あんまりライブ慣れしてない感じが初々しくて良いと思います。

天文詳しくなくてもオススメです。

胎内星まつり
「星たべよ」のイメージキャラクター「星ベソ」くんとの遭遇!

 もうほとんど天文同人イベントのような、すげーマニアックなまつりですが、特に天文に詳しくなくても結構楽しめます。時間がある人はあの不思議な空気を感じに出かけてみてください。胎内星まつりのウェブサイトにあるPDFをあらかじめダウンロードしてスマホやタブレットにいれておくと捗ります。
 また、あの唐揚げ食べたくなってきた。

参考

天文ガイド 2013年 09月号 [雑誌]

  • 出版社:誠文堂新光社 ( 2013-08-05 )
  • 雑誌: ページ
Back to Top