YouTubeやってます!
Categoriesまとめ

仮眠にもオススメ、高速バスで快適に過ごせるパーカーの便利な使い方

Date 2013/07/10 21:00  Modified date 2014/10/12 Author chihaya  Tags HowTo ライフハック 旅行 高速バス
パーカーの使い方

 ちょっと仮眠という時もやっぱり寝顔って見られたくないもの。また高速バスや深夜バスなどでは、まぶしくてなかなか寝付けない、狭いシートでは上着の脱ぎ着が大変、ゴソゴソするのも周りに悪い気がして……等々の悩みを抱えている人も少なくないと思います。
 そんな数々の悩みを解消してくれるグッズがあれば……と思っている方も多いはず。そんな貴方にオススメしたいのがこのパーカーの着方! ちょっと怪しく見えるけどものすごく快適なんです!

快適に仮眠を取れるパーカーの使い方

パーカーの種類

パーカーの使い方

 パーカーはフード付きのフルジップアップのもの(前が全部開くもの)を用意します。

パーカーの着方

パーカーの使い方

 普通に着るのではなく、前から手を通して逆から着ます。背中は開いた状態に。これだけ!

ポイント1:フードで顔を隠せる

パーカーの使い方

 フードが正面にくるので、それを顔にかぶせれば簡単に、かつしっかりと顔を隠せます。フードは立体的なので息苦しさも少なく快適。横を向いてもしっかりと顔を隠せるのがかなーりいいんです。アイマスクがなくてもまぶしさが気になりません。

ポイント2:手が自由に動かせる

パーカーの使い方

 顔がしっかり隠せるのもポイントですが、じつはもうひとつ便利なポイントが。それは手を動かしやすいこと。袖に手を通しているで、携帯電話をいじったり飲み物を飲んだりするのがとっても楽なんです。起きている時はフードは首元へ。案外じゃまにはならないので大丈夫です。なんならフードに携帯を入れたりと、ちょっとしたポケット代わりとしても使えたり。

 またパーカーだと肩口までしっかりと覆うことができるので、首元がスカスカする……ということもなくなります。毛布やブランケットはちょっと動くとすぐにずり落ちてしまいがち。それに対してパーカーのこの安定感たるや。

ポイント3:脱ぎ着がしやすい

パーカーの使い方

 高速バスなどの狭い車内で上着を脱ぎ着するのってけっこう大変。でもこの着方なら大きく体を動かす必要がなく、座ったままの状態で素早く脱ぎ着することが可能です。「背中があいちゃってるけど寒くないの?」と思う方も多いかもしれませんが、シートに接している背中はけっこう暖かいもの。寒さが気になるのは体の前面または肩口や首元なので、この着方でけっこう寒さがしのげちゃうのです。うーん、便利すぎる。

見た目は怪しいけどお試しあれ!

パーカーの使い方

 このパーカーを逆に着る方法、仕事場で仮眠を取る際によくやってたんですが、家族に話してみたところ「今度高速バスに乗る時にそれ使わせてもらうぅ!」と絶賛されました。怪しく見えてしまうかもしれない点が若干気になりますが、とにかく快適な眠りの世界に誘ってくれること間違いなし。パーカーは着るだけでなく、膝掛けとしても使うことができるのでブランケットを持っていくよりもきっと便利です。

 仮眠をとる時や深夜バスの旅などの時に是非お試しアレ! もうパーカーなしでは生きられない体になるはず。そしてこの着方をしている人がいたらあたたかーい目で見守ってあげてくださーい。

Back to Top