YouTubeやってます!
Categories技術家庭科

生クリームを必死に振るだけ!簡単手作りバターの作り方 – ペットボトルバージョン

Date 2013/06/26 08:05  Modified date 2016/05/10 Author chihaya  Tags お料理レシピ 作り方 料理
手作りバター

 生クリームを振るとバターができるらしい! というのは前からそれとなく知っていたのですが、この度ちゃんと調べて作ってみました! ペットボトルに生クリームを入れて必死に振るだけ! これだけで美味しい手作りバターができましたよー! (でもなんか筋肉痛になるらしいよー!)

生クリームからバターを作る方法

生クリームの選び方

手作りバター

 生クリームからバターを作る上で重要なのは生クリームの選び方。生クリームには植物性と動物性の2種類がある他に乳脂肪分にも違いがあり。バターを作ることができるのは以下の全てに当てはまる生クリームのみです。

  • 動物性のもの
  • 乳化剤、安定剤が入っていないもの(原材料名で確認)
  • 乳脂肪分が高い物(35%以上)

 乳化剤が入った物でもできないこともないらしいですが、かなり時間がかかるとのこと。ですので入ってないものを探して下さい。乳脂肪分は40%以上のものが望ましいそうですが、今回は35%のもので挑戦。ちゃんとできたので「35%以上」としました。もしもより乳脂肪分が高いものがあればそっちの方がおすすめです。

 ちなみに乳製品でおなじみ「タカナシ乳業」からは「純生クリーム42」(乳脂肪分42%)、「純生クリーム47」(同47%)なんてのが販売されています。小さいスーパーには置いてないことが多いで、大きめのスーパーへGo!

用意するもの

手作りバター
  • よく冷やした生クリーム(乳脂肪分が35%以上のもの):1パック(200ml)
  • 500mlのペットボトル、もしくは密閉のできる口の広い空き瓶
  • 塩:1g程度
  • 皿、スプーン、菜箸など
  • ペットボトルを使う場合はカッターかハサミを用意

 生クリームは冷たい方がよく固まります。使う直前まで冷蔵庫でしっかりと冷やしておいて下さい。今回はペットボトルを使って作ります。

1. 容器に生クリーム200mlを注ぐ。

手作りバター
乳脂肪分が多いので、パックの中でちょっと固まってます。気にせず容器に入れます。

2. 振る。とにかく振る。

手作りバター
手の位置を確認。生クリームが手の熱で温まってしまわないよう容器のフタの部分もしくは端を持ちましょう。
手作りバター
Let’s shake ヒャッハー! とにかく振ってください。バター作りというと長時間振り続けるイメージがありますが、短時間で力強く一気に振るのがコツです。
手作りバター
ホイップ状態になった生クリーム。ここが一番辛いところですががんばりましょう。どんなに振っても混ざらなくなった場合は手の熱、またはぬるま湯でちょっと温めるのもあり。でもここを越えると……

3. ぱちゃん! と音がする所まで振る。

手作りバター
ホイップ状態でも諦めずに振っていると、突然「ぱちゃん! ちゃぷん!」という音になる瞬間がきます。バターとホエー(バターミルク)の分離が始まった音だと思われ。仕上げにもうちょっと振ります。ここまでの時間、およそ5分。

4. 出てきたホエー(バターミルク)を別の容器にあける

手作りバター
こんな感じに固まればOKです。
手作りバター
ホエー。栄養たっぷり、これも飲めます。味はミルキーに似た感じ? この後もう何回か振ってもうちょっとバターミルクを出すかどうかはお好みで。どっちでもいい気がするー。

5. カッターでペットボトルを切る。

手作りバター
空き瓶ならこの工程をなくせるのでとっても楽です。カットすることを考えると炭酸系のペットボトルよりお茶系のペットボトルの方が切りやすいので良いかも。でも四角いと振ったときにムラが出るかも。

6. 塩を入れて混ぜれば完成!

手作りバター
無塩バターの場合はそのままで、パンに付けて食べる場合は塩味があった方が美味しいのでここで塩を混ぜます。最初に混ぜるとホエーもしょっぱくなっちゃうので塩は最後に入れた方が良いです。
手作りバター
どのあたりで振るのをやめるかによって違いはあると思いますが、今回は200mlの生クリームから92gのバターができました。

 こんな感じで生クリームからバターが完成! 出来たバターはその日のうちにお食べ下さいとのことですよ!  byタカナシ。

ものすごく簡単な作り方

 じつはもっと簡単にバターを作る方法があるのです。

手作りバター
  1. よく冷やした生クリームを用意
  2. パックを開けず、そのまま振る
  3. ぱちゃんぱちゃん! と音がするまで振る
  4. もうちょっと振る
  5. パックを開け、ホエーを出す
  6. 塩をまぜて完成!

 パックそのものでできちゃうという! 食器要らず、洗い物も出なくて超簡単!

 じゃあなぜペットボトルで作ったかって? それは生クリームからバターになっていく様を見たかったからさ!

いざ、実食!

手作りバター
これはおいしそうなんだが!

 ほんのり生クリームのような風味、でもちゃんとバターの風味もある口溶けの良いあっさりとしたバターができました! 塩加減もちょうどいい。これおいしいですな! 家族にも好評!

手作りバター

 実は牛乳からバターを作りたかったのですが、低温殺菌牛乳というだけではできないことが買ってから発覚。牛乳からバターを作る場合はノンホモ牛乳(ホモジナイズ処理がされていないもの・乳脂肪が細かく砕かれていない牛乳)を用意する必要があります。次こそは牛乳で挑戦予定。今回使えなかった低温殺菌牛乳は手作りバターとともにスタッフが美味しく頂きました。

そんな感じ

手作りバター
なぜかジャンプしながら振っている図。この後、筋肉痛に悩まされていました。

 長時間振らなきゃいけないイメージがありましたが、振る時間は5分ほどと短時間でできました。それでもけっこう大変。でも生クリームがだんだんとバターになっていく姿をみるのは楽しいです。しかも美味しいという。牧場とかで流行るわけですなー。

Amazonが便利かもしれない

 乳脂肪分の高い生クリームを探すのにちょっと苦労したのですが、今確認したらAmazonにけっこうありました。その手があったかー。

 こちら乳脂肪分48%。完璧です。

 スーパーでは見つからなかったノンホモ牛乳もいっぱい。Amazon、便利すぎる。。

スーパーでおつとめ品を探せ!

 さてさて、生クリームは1パック300-400円ほどするので、ぶっちゃけ普通にバターを買った方が安いです。でも作る楽しさをあわせるとお釣りがきちゃいます。
 スーパーの良いところは賞味期限間近になると割引がある点。無添加の生クリームはあまり日持ちしないため、割引シールが貼られているものに出会える可能性が高いです。見つけたら即買い! カゴに投げ入れおうちで振りまくればいいと思うよ!

手作りバター
お約束。

追記

2013/08/07

 パックのまま振って作る方法を試してみました! そちらの作り方も是非どうぞ! でもちょっと大変だったぁー!

参考にしたサイト

タカナシ生クリーム「特選北海道純生クリーム47」 200ml

価格:438円
(2014/03/13 15:38時点 )

感想:4件

タカナシ生クリーム「特選・北海道フレッシュクリーム47」1000ml

価格:1,813円
(2014/03/13 15:44時点 )

感想:5件

Back to Top