YouTubeやってます!
Categories未だ未分類

新潟の怪談 – 未来の私

Date 2012/08/14 20:44  Modified date 2013/05/07 Author Yutaka  Tags 怪談 新潟生活

 ここのところ毎晩お送りしているシリーズ「新潟の怪談」。さあ、いよいよストックも少なくなって参りました!
 さて、今回は生きている人が織りなす不思議なお話。生き霊となって光源氏を苦しめた六条御息所も「その発想はなかったわー」と言ったとか言わないとか。

 それでは、第3談「未来の私」をどぞ。

フウセンカズラ
※いつものことながら、画像はイメージです。

 部屋のふすまの前に子供を抱いた女が立っている。その女は、怒っているような、恨めしいような表情で、寝ている自分を睨んでいる。それは夢なのか現実なのか、よくわからない。でも、そんな女が部屋にいるわけはないので、たぶん、それは夢なんだろうと思う。

「それがどうも、お前の顔に似てるんだよなぁ」

 そう、父は不思議そうに彼女に言った。その夢は一度きりでなく、何度も見ることがあったらしい。最初は誰か分からなかったのだが、何度もその夢を見るうちに、その女は大人になった自分の娘だと分かってきたという。

 その話を聞かされたときは彼女も「なんでだろう?」と不思議に思ったのだが、それから数年して両親が離婚。その辺りを境に彼女と父親との関係も悪化した。
 そして今、あのとき父が見ていたものは、確かに未来の私の姿だったのかもしれない、と彼女は感じている。

「もしそうなら、この先、私はちゃんと子供を授かるらしいですね。」

 そう言って、彼女はふっと笑った。

Back to Top