YouTubeやってます!
Categoriesレビュー

劇団ハンニャーズ公演 ゴールデンハンモック にいってきた

Date 2012/07/23 08:20  Modified date 2016/05/10 Author やまざき ふみひろ  Tags 新潟生活 演劇・芝居 行ってみた
パンフ

 荒木飛呂彦氏の人気漫画、”ジョジョの奇妙な冒険”の名台詞にこんなものがある。

「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
『おれは 奴の前で階段を登っていたと思ったら いつのまにか降りていた』
な… 何を言っているのか わからねーと思うがおれも 何をされたのか わからなかった…」

 ポルナレフが宿敵ディオのスタンド能力(超能力)を体感したときの台詞だ。

 騙される人間は自分が騙されているということに気づかない。
 よしんば「何かおかしい」と疑問に思ったところで、頭は混乱し冷静な判断はできなくなっている。

 劇団ハンニャーズ公演 ゴールデンハンモック を観てきた。

 アルゼンチン映画 NINE QUEENS を原作とする、騙し合いのシリアスなストーリーだ。

 ペテンは冒頭の古本屋のシーンからすぐに始まる。
 勘のいい観客はすぐその手口に気付き、劇場にクスクスとした笑いが起こる。が、頭の鈍い私のような客は、指を折りながら金を数える。
 あ、時そばみたいなやつか。
 そう気がついたときにはもう、最初の暗転だ。私は騙される側の人間だと実感する。

 本公演はハンニャーズのメンバーだけでなく、新潟の老舗劇団から多くの名優が参加している。その名優達によって、現実さながらの詐欺のやりとりがおこなわれる。

 罠のかけあい。
 登場人物、そして観客も『おやっ?』と思い、考えを巡らせる。
 ちょっと待てと口を挟もうとすると、大きな声と早口でペースを捕まれ、こちらの疑問を遮られる。
 ペテン師とTVタックルの手口だ。
 観客は騙されているとわかっていながらも、そのスピードに振り落とされないようについていくしかない。誰が騙されているのか、それすらもよくわからなくなっていく。
 高まる集中力。ふるえるぞハート、燃えつきるほどヒート、刻むぞ血液のビート。
 まさに波紋疾走。

 脚本と演出を手掛ける中嶋かねまさ氏は、公演開始の10日ほど前、自身のブログでこう言っていた。

 「3分長い。3分縮める事が出来れば最高の作品になるでしょう。」

 その3分は観客をハメるための3分だったのではないか。
 騙し騙されの裏を読み取る時間、その3分を削ったことでスピードとテンポが生まれ、爽快なエンディングに結びつく。

 ズキュゥゥゥン。時が動き出すのは全てが決着したあとだ。

 半年ほど前、第二黎明期のシダジュン氏がやっているうどん屋に行った。
 未だにあのうどん屋の店主と、舞台に立っていた食えない親父が同一人物だとは思えないんだが。
 私はそのときから騙されていたんじゃないだろうか、という気になってくる。

 誰の価値観かわからない全米大ヒット観に行くなら、こっち観に行けよ。おもしろいぞ。

劇団ハンニャ-ズ公演「ゴールデンハンモック」

開催日時 2012年7月21日(土) 19:30~
2012年7月22日(日) 14:00~
2012年7月23日(月) 20:00~
2012年7月27日(金) 20:00~
2012年7月28日(土) 14:00~
2012年7月28日(土) 19:30~
場所シアターent (新潟市西区寺尾上1-7-20)
料金前売(一般)2,000円 /(高校生以下)1,000円
前売(一般)2,300円 /(高校生以下)1,300円
予約発売中
作・演出中嶋かねまさ
原作フェビアン・ビエリンスキー “NINE QUEENS”
出演高橋景子(劇団第二黎明期) / 横山泰之 / 近藤聡実 / シダジュン(劇団第二黎明期) / 小林へろ(heropro) / 谷藤幹枝(谷籐幹枝事務所JOV) / 佐藤正徒(WARP) / 逸見友哉(劇団第二黎明期) / 山田好宏 / 小出佳代子 / 渡辺美恵子
詳細詳細やチケットの予約は、劇団ハンニャ-ズWebサイトまで

シアターent

所在地新潟市西区寺尾上1-7-20
Back to Top