YouTubeやってます!
Categoriesまとめ

Ubuntu server on VMware Fusion – Ubuntuインストールしてみる

Date 2011/12/07 18:21  Modified date 2016/05/10 Author Yutaka  Tags iptables server ubuntu 情報処理

 CentOSの中がゴタゴタしている(開発者が失踪したとか)のは前から知っていましたし、さくらのVPSもCentOS6の代わりにSL(Scientific Linux)に対応するとか言ってるのを見つけたので、「じゃあこれからは同じRHEL系のSLかしらね。6.1出てるし」なんて思っていたのですが、この間そのSLをググってたら、SL開発の中心人物がRedHatに移籍とか言うニュースを見つけてしまいました。
 なんかこうなるとCentOSもScientific Linuxも微妙じゃね? っていうか、RHELクローン自体微妙じゃね?

 ってことで、今流行りのDebian系Linux、Ubuntuでサーバを立てる練習を始めました。VMwareならHDD容量が許す限りいくらでもサーバを立てられます。ついでにApacheではなくNginxを使おうと思っている。

 いや、CentOSもSL(Scientific Linux)も今すぐなくなるってわけじゃないと思うので、別に良いんですけどね。まあ、せっかくだからRHEL系だけじゃなく、Debian系にも触れておこうか、という軽いノリです。FedraとちがってLTSもあるので安定志向のサーバ用途でも安心、かも。

とりあえずインストールしてみる

 インストールの手順は光学ドライブを使わない事以外はVMでもリアルでも同じだと思います。
 まず、Ubuntu Serverのisoファイルを手に入れます。今回は特に何の考えもなく表示されていた「Ubuntu 11.10 64-bit」をダウンロードしました。

 ダウンロードしたら、「VMware Fusion」のメニューを ファイル – 新規 – ディスクを使用せずに続行 の順に進んで「新規仮想マシン アシスタント」画面に進みます。
 「オペレーティングシステムのインストール ディスク イメージ ファイルを使用」にチェックを入れるとファイル選択のダイアログが出るので、ダウンロードしたUbuntuのisoファイルを選択します。とくに設定にこだわりがなければ、「続ける」ボタンで手順を進めます。
 途中、「簡易インストールを使用」という画面が出て来るので、ここで

  • ディスプレイ名(Full Nameの事かな?)
  • アカウント名(usernameの事)
  • パスワード

を設定しておくと、インストールからユーザの作成まで一気に済ませてくれて、とっても楽です。
 最後に「終了」を押すとVMをどこに保存するか出て来るので、名前をつけて保存して完了。

 VMを保存した後、そのままにしておくとVMが立ち上がります。「Login:」という文字が出るので早速ログインかと思いきや、最初の起動時にVMware toolsがインストールされるみたいです。簡易インストールの設定で入力したアカウント名とパスワードを入力するとWMware toolsがインストールされます。

 VMware toolsのインストールが完了したら(特にインストールが完了した旨の表示はされません)、いよいよUbuntuにログインとなります。

初期設定

 インストールが完了したらついでに基本的な設定をしておきます。

キーボードの設定

 インストールしたままだとキーボード設定が英語キーボードになっていて微妙に入力しにくいので、設定を日本語キーボードに変えます。
 console-dataがインストールされていないようなので、まずはインストール。

sudo apt-get install console-data

 インストールが始まると「configuring console-data」という画面が出て来るので、選択肢の中から「select keymap from full list」を選択します。表示されたリストの中から「pc / qwerty / Japanese / Standard / Standard」を選択すれば完了です(Macじゃないよ)。

Ubuntuのアップデート

 キーボードが普通に使えるようになったら、Ubuntuをアップデートしておきます。「update」かーらーのー「upgrade」。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

SSHのインストール

 ついでにSSHもインストールしておきます。

sudo apt-get install ssh

 このVMware上のUbuntuにSSHで接続するにはIPアドレスが必要ですが、そのIPアドレスはifconfigコマンドで調べます。「eth0」の「inet addr:」にあるIPアドレスがそれです。以下の例だと192.168.0.31。

user@server:~$ ifconfig
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:0c:29:d5:91:5b  
          inet addr:192.168.0.31  Bcast:192.168.0.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::20c:29ff:fed5:915b/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:23970 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:12802 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000 
          RX bytes:17497025 (17.4 MB)  TX bytes:1390237 (1.3 MB)

下準備完了

 これでベーシックな設定は終了。VM上だしめんどいので公開鍵認証とかは設定しません。
 公開鍵認証を設定したい場合は、以下のページがとっても簡単親切に書いてあるので参考にどぞ。

 以下はCentOSの設定な上に手前味噌ですが、日本語の資料です。内容は上記のものとほとんど同じ。

 そんな感じで次回はiptablesとか設定してみたいと思います。

参考

Back to Top