YouTubeやってます!
Categories技術家庭科

iMac Summer2000補完計画 – 材料編

Date 2011/11/17 11:36  Modified date 2016/05/10 Author Yutaka  Tags Apple Mac 情報処理
iMac

 長い間眠っていたiMac Summer2000を現代の技術で蘇らせてみました(そんな大したもんじゃない)。今となっては骨董品級のMacですが、MacOSX 10.4 Tigerを使えばまだまだイケる!(ハズ!)

 やや思うところあって、久々にiMacを引っ張り出して立ち上げてみようとしたのですが、HDDがカコーン、カコーンとししおどしのように風流に鳴くばかりで、全然立ち上がりません。

iMac

 どうやらHDDがダメになっちゃったみたいです。Oh…

iMacレストアのための材料

 ってなわけで、HDDを交換してついでにいろいろしちゃうことにしました。用意した材料はこちら。

iMac
  • iMac Summer2000 …… 1つ
  • HDDケース (MARSHAL TRANSFORM) …… 1つ
  • 替えのHDD (2.5inch SATA 80GB) …… 1つ
  • メモリ (PC133 ECC 512MB SDRAM 168pin DIMM) …… 2枚
  • 内臓電池 (1/2AA 3.6V リチウム電池) …… 1つ
  • Wi-Fiアダプタ(GW-USNano2) …… 1つ
  • レストアCD …… 1組
  • MacOSX 10.4 Tiger …… 1つ
  • その他ソフトウェア …… 少々

iMac Summer 2000 (Ruby)

iMac

 まずは何はなくともiMac。 iMac Summer 2000のRubyです。今見てもなかなかキュートなあんちくしょうですね。そして、今の小・中・高校生がこの形のiMacを全く知らないことに驚いた。「テレビ?」って…… 最後のCRTモデルのiMacが発表されてから10年も経過しているので、当たり前と言えば当たり前か……

HDDケースとHDD

 MacBookのHDDを交換したときに出た2.5inchのSATA HDDが余っていたので、「これ、iMacで使えないかな?」と都合の良いことを思って探してみたところ、2.5inchのSATA HDDを3.5inchのIDE HDDに変換する、なんとも都合の良いHDDケース「MARSHAL TRANSFORM」を発見しました。これは使うしかない。

MARSHAL TRANSFORM MAL-2725SBK

  • メーカー:MARSHAL
  • カテゴリ:Personal Computers
  • 発売日:2011-02-01

 同じ機能の「スゴイアダプタ」と言うのもあったのですが、MARSHALの方が1,000円以上安かったので。。

システムトークス スゴイアダプタ2535 SUGOIADAPTER2535 マウンター型SATAPATA変換アダプタ SATA-TR2535

  • メーカー:システムトークス
  • カテゴリ:Personal Computers
  • 発売日:2008-11-25

メモリ

iMac

 iMac Summer2000のメモリは PC100 SDRAM 168pin DIMM なのですが、PC133でも動くと言う話を聞いて、PC133 ECC 512MB SDRAM 168pin DIMM を購入しました。なんたって、バルク品で1枚599円だったので、使えなくてもあんまり痛くない! っていうか、使えたら儲けもんなレベル。

内臓電池

iMac

 内蔵電池は電源が切れてる状態でも日付や時刻の情報を保持するのに使用されています。起動するたびに1970年代にタイムリープするのはこの電池が切れているのが原因。
 今回はハードディスクを交換するついでにこの電池も交換することにしました。

 iMacの内蔵電池だとセンチュリーのCBT36Vがメジャーのようですが、この緑の電池が同じ規格(1/2AA 3.6V リチウム電池)で、かつ、センチュリーのより300円も安かったので、こっちを使うことにしました。

Wi-Fiアダプタ

 iMacは標準ではWi-Fiに対応していないので、Wi-Fiが使いたければWi-Fiアダプタが必要になります。
 AirMacカード(AirMac Extremeではない)を手に入れることも考えたのですが、iMacでAirMacカードを使うにはアダプタが必要で(そういえばそんな仕様あったな……)、それらを揃えると中古といえどなかなか良いお値段になってしまいます。しかも、「やっぱり起動しませんでした」って可能性もあるわけで、そうなるとすべてが無駄になってしまう!

 というわけで、今回はとりあえずこのWi-Fiアダプタ「GW-USNano2」を使うことにしました。ダメでもWi-Fiアクセスポイントとして生きる道がある。

PLANEX 無線LAN USBアダプタ 150Mbps GW-USNano2

  • メーカー:プラネックス
  • カテゴリ:Personal Computers
  • 発売日:2010-12-10
  • 定価:¥ 1,523

 ちなみに、「GW-USNano2」には「GW-USNano2-M」と「GW-USNANO2-G」のバリエーションがありますが、取説がモバイル用に最適化されているか(GW-USNano2-M)、ゲーム用に最適化されているか(GW-USNano2-G)の違いだけで、中身はどれも同じみたいです。

レストアCDとMacOSX 10.4 Tiger

 もともと入っていたOSはMacOS9なので、レストアCDに入っているのはMacOS9。でも、「やっぱりMacOSXの方がiMacにマッチするよね」ってことでMacOSXも用意しました。このiMacはG3なので、使えるOSはMacOSX 10.4 Tigerまで。運良く虎が部屋で眠っていたので引っ張り出してきました。ちなみに、MacOSは7.6、8、9.2、10.1、10.2、10.4、10.6を所持していたりする。

Mac OS X v10.4 "Tiger"

  • メーカー:アップル
  • カテゴリ:DVD-ROM
  • 発売日:2005-04-29

次回は底カバーの取り外し

 さぁ、材料も揃ったし、いよいよHDDの交換だ!って、え? 底カバー取り外すのが大変だって? おいおいなぁに言ってんだい、ここまで来たら引き下がれないぜ。
 次回、「iMac Summer2000補完計画 – 底カバー取り外し編」でまた会おう!

参考

コブラ スペースパイレート Blu-ray BOX

  • 販売元:Happinet(SB)(D) ( 2010-08-27 )
  • 時間:863 分
  • 7 枚組 ( Blu-ray )
  • 定価:¥ 41,040
Back to Top