YouTubeやってます!
Categoriesニュース

湯田上温泉と弥彦温泉郷が「ピンクリボンほっと語らい温泉街づくり」取り組み中

Date 2011/10/31 20:35  Modified date 2013/05/07 Author chihaya  Tags 医療・福祉 弥彦 新潟生活 温泉

 乳がんの早期発見と、乳がん体験者に配慮したおもてなしを提供する「ピンクリボンほっと語らい温泉街づくり」に、新潟県の県央地域にある「湯田上温泉」と「弥彦温泉郷」が取り組んでいます。
 女将・従業員は乳がんセミナーに参加、チェックイン前の時間帯に大浴場を開放したり、入浴着の着用OKにするなど「乳がん体験者の理解と癒し」を提供、そして「乳がんの早期発見」の情報発信基地を目指して行くそうです。

乳がん体験者からは、「手術のあとがあるため人目が気になり、温泉を楽しめなくなった」等の声が寄せられています。
 このため、三条地域振興局では、県央の湯田上温泉と弥彦温泉郷において、温泉資源を活かした乳がんの早期発見と乳がん体験者に配慮したおもてなしを提供する温泉街づくりに取り組んでいます。
新潟県:「ピンクリボンほっと語らい温泉街づくり」ただ今取組中! 

 新潟県南蒲原郡田上町にある「湯田上温泉」と西蒲原郡弥彦村にある「弥彦温泉郷」で行われている 「ピンクリボンほっと語らい温泉街づくり」。以下のような取り組みをしていくそうです。

  • 乳がん体験者同士やご家族、友達と大浴場等でゆったりと温泉を楽しむことが可能
  • 手術のあとが気になる方は、入浴着を着ての入浴が可能
  • 乳がんの自己触診法を表示した「シャワーカード」を設置し、早期発見をお手伝い
  • 従業員が、乳がん体験者の気持ちを理解しておもてなし

 具体的には、一般のお客さんがチェックインする前の時間帯に大浴場を開放、追加料金なしでの貸し切り風呂を利用可能に、また入浴着を着用しての入浴受け入れや、タオルの追加貸出等を実施。
 貸し切り風呂の有無等は旅館によって異なるので、いずれも予約時に相談またはお申し付け下さい、とのことです。

 「従業員が、乳がん体験者の気持ちを理解しておもてなし」とさらりと書いてありますが、従業員は2回の乳がんセミナーを受講。1回目は乳がん看護認定看護師から説明を受け、2回目は乳がん体験者から話しを聴講。知識を付けるために、事前にしっかりと勉強している印象です。
 病気について説明するのってめんどうだったり、難しかったり。ひとこと従業員の方に伝えるだけでいろいろ察してもらえるのってすごくうれしいと思います。この部分、もうちょっとアピールしても良さそう。

 平成23年10月末現在、「湯田上温泉」の4つの旅館で、従業員の研修を終え、サービスの提供を開始しています。

 「弥彦温泉郷」は平成24年1月から従業員に対する研修会を実施予定ということなので、弥彦は来年度から本格的に取り組みが開始される模様です。
 開始時期、提供サービス等を含め、まずは旅館・ホテルに問い合わせ、相談してみてから宿泊先を決めると良いと思います。

 今回は乳がんに絞ってありますが、乳がん以外の病気でも、手術跡等を気にして温泉に行けない人、旅館選びに悩んでいる人もいると思います。今回の取り組みをきっかけに、いろんなことに対応できるようになると良いんじゃないかと。そういうアプローチで新潟の温泉を売り込んで行くのも良さそうですね。
 あと、早期発見のために自己触診法を表示したシャワーカードを設置するそうですが、その場でやるのもなんですし、コピーしたものを持ち帰ることができるようにしとくと良いかも?とか思いましたー。

追記

2012/03/07

 弥彦温泉郷の9つの旅館でもサービスの提供が開始されたそうです。

 また「ピンクリボン認定旅館・ホテルの認定基準」も掲載されていたので追記しておきます。認定基準は以下の1-5全ての条件を満たす施設。

  1. 従業員がピンクリボンほっと語らい温泉街づくり事業の研修会を受講した施設
  2. 大浴場等を乳がん体験者に開放している施設
  3. 乳がん体験者の受け入れについてホームページ等で発信している施設
  4. 入浴着を着用しての入浴について理解がある施設
  5. 乳がんの早期発見等について啓発を行っている施設

 しっかりと基準が設けられていると、安心して利用できますね。

関連リンク

Back to Top