YouTubeやってます!
Categoriesレビュー

新日本航空で行われた佐渡-新潟線 初便式に参加してみた

Date 2011/08/12 11:13  Modified date 2016/05/10 Author Yutaka  Tags 佐渡 取材 新潟空港 行ってみた

 7/29(金)に行われた佐渡-新潟線 初便式に参加してみました。最後に飛行機が飛んだ2008年から3年。空の佐渡航路が復活です。

佐渡-新潟線 初便式

 当日朝の空模様は微妙な曇り空。雨の中での取材はちょっと勘弁したいなぁ、なんて思いながら新潟方面に車を走らせていたら、どんどん重くなる空模様。そのうち雨が降りだして、新潟空港に着く頃には土砂降りになっていました……(そして翌日の7/30に新潟福島豪雨が発生したのでした……)

佐渡-新潟線 初便式

 そんな土砂降りの中たどり着いた新潟空港。駐車場から空港の建物の間のわずか100mくらいの間に濡れ鼠になりました。。車降りて傘を差すまでのわずかな時間でぐっしょりになるとか。。これ、飛べるのか……?

佐渡-新潟線 初便式

 しかも、会場は新潟空港内じゃなかった。。会場として書かれていた「新潟空港 新日本航空(株)新潟運航所 内」は新潟空港から駐車場を挟んで反対側の建物でした。

 写真に写っている2つの人影は、icoroと同じく、新潟空港に行ってしまったどっかのマスコミクルー。なんか全然愛想無かったんですけど、会社の規則かなんかで「他社となれ合わない」とかあるんですか。

佐渡-新潟線 初便式

 写真左側の赤い看板が掛かっているのが、新日本航空の建物。なんか、思ってたよりも小さいな……

佐渡-新潟線 初便式

 とりあえず、受付ー。悪く言うとせまい。良く言うとアットホーム。写真のおっちゃんがいい人でした。(これは安いうちに乗りに来なきゃだなー。)

佐渡-新潟線 初便式

 雨は既に収まっていましたが、この時点ではまだ「天候調査中」。視界が確保出来れば飛べる、とか言うのを耳にしたのですが、どの程度の雨まで飛べるんでしょうか。

佐渡-新潟線 初便式

 式の説明を受けたり、受付前のパンフを漁ったりしているうちに、初便式の時刻が近づいて参りました。というわけで、搭乗口から格納庫に移ります。

佐渡-新潟線 初便式

 マスコミ各社があらかた格納庫に入ったところで、シャッターが上がり始めます。右に立っている人は新日本航空の社長さんです。

佐渡-新潟線 初便式

 アイランダー来たー!

佐渡-新潟線 初便式

 尾翼に赤のラインが入っているだけ、というごくシンプルなデザイン。かつて飛んでいた「TOKI夢ライン」と比べるとかなりあっさりしていますが、まあ、どうせ乗っちゃえば見えないしね!

佐渡-新潟線 初便式

 マスコミにちょー囲まれる社長の図。ちょっと緊張気味?
 社長さんは(飛行機が飛べれば)このあと飛行機に乗って佐渡に行っちゃう予定なので、式典前にぶら下がりが行われました。

佐渡-新潟線 初便式

 式典は、新潟市長や県知事の挨拶あり、テープカットありの波乱の展開(テキトー)。全体に逆光気味で写真が微妙です。

佐渡-新潟線 初便式

 テープカット後、速やかに通路が設定されます。

佐渡-新潟線 初便式

 そして、青山翔龍会による万代太鼓の演奏開始。

佐渡-新潟線 初便式

 この日のためにプラカードを作ってきたおじちゃんの気合いも十分だ!

佐渡-新潟線 初便式

 いってらっしゃいー。

佐渡-新潟線 初便式

 でもこの日は天候不順で結局飛行機は飛びませんでした。。というか、この日は結局、全便欠航となりました。。
 じゃあ、乗客を乗せた飛行機はどこに行ったのかというと、遊覧飛行を行ったようです。

佐渡-新潟線 初便式

 飛行機が出発した後の記念撮影会。別に記念撮影の予定はなかったみたいなのですが、誰かが言い出して撮影会となりました。飛行機関係ないけど、こういうの和みますよね。あと、最初に記念撮影しましょうと言い出した人いいねー。

佐渡-新潟線 初便式

 という感じの初便式でした。雨のせいで(?)ちょっとぐだぐだ感もありましたが、とくに大きな問題も無く終わって良かったです。(いや、飛行機飛んでないけどそれはおいといて。)

 飛行機は、乗り心地とか気になるので一回乗ってみたいですね−。通常片道6,500円の運賃が10/31(月)まで5,900円とお安くなっているので、この機会を逃す手はない! でも、これに対抗してかなんなのか、ジェットフォイルも8/20から期間限定で運賃値下げしてきていたりして悩ましい!

関連リンク

Back to Top