YouTubeやってます!
Categoriesレビュー

寺泊水族博物館2010冬 – あの赤ちゃんタイマイが大きく成長

Date 2011/01/15 10:39  Modified date 2016/05/10 Author chihaya  Tags その後 寺泊水族博物館 行ってみた

 入ってすぐのウミガメ水槽内で、他と比べてちょっと小さめのカメを発見。柄もちょっと違う。も、もしや君はあの時の!?

寺泊水族博物館

 それは2009年春に寺泊水族博物館を訪れた時のこと。特別展示水槽に寺泊野積海岸に漂着・保護されたタイマイの赤ちゃんがいたのです。(しばし過去編にお付き合い下さい。)

寺泊水族博物館

 平成20年12月に野積海岸に漂着。放流標識が付いていたため調べたところ、「日本ウミガメ協会」付属の研究所が7月に沖縄県で放流した1歳のタイマイとわかったとのこと。その距離直線で2000km。漂着直後はかなり衰弱していたそうです。
 奥の水槽のウミガメと比較すると、タイマイの小ささ(あるいはウミガメの大きさ)がわかるかと思います。

寺泊水族博物館
寺泊水族博物館

 赤ちゃんと言ってもそこそこの大きさなので、すでに水槽が狭そう。元気になったら(もうすでに元気に暴れている印象)南の海に返すのか、はたまたこのまま寺水に残るのか。ウミガメが悠々と泳ぐ1番水槽に入る日もくるのかも、と思っていたところ。

寺泊水族博物館

 2010年冬には他のウミガメたちと一緒に泳いでいました!感動の再会!おー、しばらく見ないうちに大きくなったなー!(親戚のおじさんの気持ち。)

寺泊水族博物館

 そして現在の特別展示水槽はというと、ニュースにもなった捨てられたケヅメリクガメが。

寺泊水族博物館

 リクガメもかわいいですねー。解説板には「運がよければ外で遊ぶ姿が見られるかもしれませんよ」の文字が。(最後の「よ」にフレンドリーさを感じる。)うれしそうにリクガメを持つ館長が目に浮かびます。

寺泊水族博物館

 そしてウミガメ水槽の前には新しくベンチが設置されていました。これでゆっくりと観察可能。ウミガメ見てるとなんか癒されます。

寺泊水族博物館

 2010年1月に漂着・保護されたアカウミガメがいたようで、そちらは4階(屋上出口前)に展示されていました。もう少し大きくなったら同じようにウミガメ水槽に入るのかも。常設展示になって大きな水槽に移るその日を夢見て。

寺泊水族博物館2010冬 目次

  1. 館内入り口
  2. マリンガールと館内の様子
  3. 新しく登場した展示
  4. 石ころアート
  5. あの赤ちゃんタイマイが大きく成長

寺泊水族博物館

所在地新潟県長岡市寺泊花立9353-158
開館時間9:00-17:00(入館は16:30まで)
TEL/FAX0258-75-4936
ウェブサイトhttp://www.aquarium-teradomari.jp/

関連リンク

Back to Top