YouTubeやってます!
Categoriesレビュー

寺泊水族博物館2010冬 – 館内入り口

Date 2011/01/08 18:11  Modified date 2016/05/10 Author chihaya  Tags 寺泊水族博物館 行ってみた

 icoroの毎年恒例年末行事、寺泊水族博物館。2010年の年末にも行ってきました!毎年、夏と年末の2回行っているのですが、今年は夏を逃してしまったため1年ぶりの寺水。
 入り口になんか看板が設置されていた!

寺泊水族博物館

 まず目に飛び込んできたのは玄関脇に設置された住宅用火災報知器の看板。「マゼランペンギン ロッキー君」と書かれているのですが、寺水にはロッキー君なるペンギンがいるのか!?いつか館長に確認してみます。

寺泊水族博物館

 そして入り口の階段に矢印が登場。基本左側通行です。これで激混みの時もスムーズに入退場が可能。
 では入館!今回もJAFカード提示で一般700円のところ500円で入館できました。JAF会員の方はカードをお忘れなく。車の故障はそんなにないので、JAFに一番お世話になっているのがこの入館割引だったりする。

寺泊水族博物館

 入ってすぐの所に設置してあったのは「合格石」。こちらの石は「フォッサマグナミュージアム」と「国営越後丘陵公園」でも展示されていたもの。新潟県内を絶賛巡業中。

寺泊水族博物館

 うさぎ年にちなんで展示されている、ウサギが描かれたような石。

寺泊水族博物館

 そしてこちらが「合格石」。小さい石ですが、数字の「5」に見える模様がしっかりと入っています。受験生は勉強の息抜きに寺水に行ってみると良いかもしれません。この石の写真を撮って携帯の待受画面にし、寝る間も惜しんで誰にも負けないくらいにしっかりと勉強すると合格しますよ!

寺泊水族博物館

 マスコット水槽脇に、照明に照らされた気になる水槽が。塩水湖にすむ甲殻類「アルテミア」。

寺泊水族博物館

 熱帯魚の餌としておなじみのブラインシュリンプ。または「シーモンキー」の名で販売されているあれでした。懐かしい。

寺泊水族博物館
寺泊水族博物館

 マスコット水槽は山古志生まれの金魚「玉サバ」の赤ちゃん。

寺泊水族博物館

 毎年この時期に行くと気になっているもの。ちょっと豪華な感じのするクリスマスツリーかと思いきや。おや、クリスマスツリーの様子が・・・(すでに龍の文字が見えているあたりあやしい。)

寺泊水族博物館

 お正月バージョンに進化・・・だと!?なんと飾り付けがお正月モチーフ。和洋折衷なこれってすごいと思うんです。。
 このアイディア、みなさんも是非トライ。

テトラ (Tetra) ブラインシュリンプエッグス 20cc

  • メーカー:スペクトラム ブランズ ジャパン
  • カテゴリ:その他
  • 定価:¥ 842

生きた化石 ジュラ伝説

  • メーカー:銀鳥産業
  • カテゴリ:おもちゃ&ホビー
  • 定価:¥ 1,296

寺泊水族博物館2010冬 目次

  1. 館内入り口
  2. マリンガールと館内の様子
  3. 新しく登場した展示
  4. 石ころアート
  5. あの赤ちゃんタイマイが大きく成長

寺泊水族博物館

所在地新潟県長岡市寺泊花立9353-158
開館時間9:00-17:00(入館は16:30まで)
TEL/FAX0258-75-4936
ウェブサイトhttp://www.aquarium-teradomari.jp/
Back to Top