YouTubeやってます!
Categoriesレビュー

長岡市立中央図書館に行ってみた – 紅白図書合戦

Date 2009/12/30 13:51  Modified date 2016/05/10 Author chihaya  Tags DVD 取材 図書館 小説 行ってみた

 「図書館職員のおすすめはコレだ!紅白図書合戦」を開催中の長岡市立中央図書館に行ってきました。職員のオススメ本を著者で紅白に分け、POP付きで紹介するという新しい試み!

紅白図書合戦

 図書館を取材させて頂けるとは!本当にありがとうございます!取材させて頂いたのは「図書館職員のおすすめはコレだ!紅白図書合戦」。館長はじめ、職員30人以上の一押しの本が並んでいます。

紅白図書合戦

 垂れ幕も下がり、とても目を引く図書合戦コーナー。お正月っぽくていいですね。

紅白図書合戦

 著者・作者が女性のものは紅組、男性のものは白組という分け方。職員がお気に入りの本を紅白それぞれ一冊ずつ選出、計72冊が並んでいます。普段本に囲まれている人たちのお薦めだからきっと間違いなし!
 おすすめ本は小説はもちろん、絵本や図鑑、DVDもあり。なので誰にでもぐっとくる作品があるはずです!

紅白図書合戦

 そして今回の特徴は本に貼られたPOP。「わが手に拳銃を」には「正直言いますが、惚れました」というPOPが。ちょっとビレッジヴァンガード風。

紅白図書合戦

 「だれも知らない小さな国」には「まちがいなく自分史上NO.1」。このほか「お客様からのオススメで読んだ職員のオススメ」(とても正直)とか、お菓子の本には「この本にハズレレシピなし」(そこ重要)などなどの紹介が貼られています。

紅白図書合戦

 気になっていた本「百年の愚行」を発見。「豊かさの裏側 知っておくべきことがある」。これはやはり知っておかねばだ。

紅白図書合戦

 このようにおすすめ本とその紹介文の一覧もあり。これを見るだけでも面白いです。

紅白図書合戦

 合戦なのでちゃんと勝敗をつけます。審査員はあなた!この1冊が良かった、こちらの方が好きな本が多い等々、気に入った方へ是非投票を。

紅白図書合戦

 職員が独断と偏見でお気に入り、おすすめを選出。よって久住小春ファーストソロアルバムも並んでいます。POPは「長岡が生んだッ!!ミラクル」。これがここに並んでいること、それがもうミラクルだと思うんだ。

紅白図書合戦

 POPにはイニシャルのみが書かれているのでオススメした人は謎に包まれています。やっぱり気になるのは館長のおすすめ本。コッソリ教えてもらっちゃいました!「橋をかける」と「谷内六郎の世界」の2冊だそうです。これはicoro限定の情報ですぞ!

紅白図書合戦

 この日は図書合戦の初日。開館から1時間後、なんとすでに貸し出しが!「瀬戸内寂聴 絵解き般若心経」。POPは「見ずに言えたら ぷち自慢」。誰かの心をとらえた模様。

 POPがあると、つい手にとってしまいたくなることに驚き。その一言が手に取るか取らないかの壁を壊してくれます。本タッチ率(?)は2倍以上になるのでは。貸し出しがあると職員の方も心の中でガッツポーズをしているに違いない。
 「紅白図書合戦」の開催期間は1/30まで。新しい本との出会いを求めている方、POPが気になった方は是非どうぞ!これからも続けて欲しいと思う企画です。

長岡市立中央図書館に行ってみた 目次

図書館職員のおすすめはコレだ!紅白図書合戦

開催期間平成21(2009)年12月29日(火)-平成22年(2010)年1月30日(土)
期間中休館日毎週月曜日(1/11(祝)は開館、翌1/12(火)休館)
12/31(木)、1/1(金)
開館時間9:30-19:00
※12/29、30、1/2、3は17時閉館

長岡市立中央図書館

所在地〒940-0041
新潟県長岡市学校町1-2-2
開館時間9:30-19:00
休館日月曜日(祝日と重なるときはその翌日)月末、12/31、1/1
特別図書整理期間
webサイトhttp://www.lib.city.nagaoka.niigata.jp/index.html

橋をかける―子供時代の読書の思い出

  • 著者/訳者:美智子
  • 出版社:すえもりブックス ( 1998-11-25 )
  • 単行本:67 ページ
Back to Top