YouTubeやってます!
Categoriesまとめ

Computershareから来たW-8BENの書き方 – 2009年版

Date 2009/11/23 12:23  Modified date 2017/02/24 Author chihaya  Tags Apple HowTo

 「Computershare」というところから「W-8BEN」と言う申請書が送られてきました。どうもこれを書いて送り返す必要があるようです。というわけで、書いて返信してみました。

W-8BENの書式

 実は、ワタクシ、Appleの株主デス。

W-8BENの書式

 といっても1株ですが。。

 数年前に「Oneshare」という株券を額に入れてくれるサイトで購入しました。欧米では子供の誕生日プレゼントなどに株券を贈ることがあるそうで(なんと生々しい)、そんな関係で、株券を額縁に入れてくれるサービスがあるようです。額縁に入っていますが、中身は本物の株券なので、換金できますし、配当も付きます。(配当の受け取り方が分かりませんが。。)

 そして、本物の株券なので、配当など出れば税金も引かれるわけです。でも、外国株式だと配当が出た場合、米国で源泉され日本でも源泉される、ということが起こりえます。

W-8BEN

 そこで、この「W-8BEN」という書類です。これを書いて提出しておけば、米国での源泉を減税、もしくは免税してもらえるらしいです。(受け取ったことがないので詳しいことは分かりません。。)

 外国証券を扱う人でなければ、あまり縁がないものかと思ったのですが、iPhoneアプリの販売をする場合もこの「W-8BEN」という書類の申請が必要なようです。なるほど。

W-8BENとは、アメリカ国内に居住していない人が、米国源泉税を免除してもらう為の書類です。これをアップル社に送らないままiPhoneアプリの販売を行うと、米国と日本の両方で課税されてしまいます。もったいないので、必ず申請を通して下さい。
W-8BEN郵送 / iPhoneアプリ

 もっとも、Appleなどのハイテク株は、基本的に配当が出ませんし、株券を換金する予定もないので、出しても出さなくてもあんまり関係ないような気もしないでもないですが、まあ、出せと言われたものは出しておいて損はないと思うので、書いて出してみることにしました。

 っていうか、これ、前に書いて出したことがあるぞ?
 と思ったら、どうやらこの書類は2年ごとに更新する必要があるようで、今回送られてきたのはその更新のための書類でした。

W-8BENの書き方

W-8BENの書式

 これが送られてきた「W-8BEN」の書類。「From W-8BEN Certificate of Foreign Status of Beneficial Owner for United States Tax Withholding」と書いてあります。
 前に記入したときから時間が経っているからか、それとも、更新用のフォーマットだからなのか、フォーマットが昔とちょっと違う気がします。若干、スッキリしたような。

 スッキリしたフォーマットですが、書く内容はあんまり変わりありません。

  1. Part I.の「individual」に「X」マークを入れる
  2. Part II.の9aに「X」マークを入れる
  3. Part II.の「Country」に「JAPAN」と記入する
  4. PartIV.の「Date」に記入した日の日付を書く。フォーマットは月/日/西暦。
  5. PartIV.の「Signature of beneficial owner or authorized signatory of beneficial owner」にサインを入れる。漢字でもOKの場合もあるらしいですが、ローマ字を筆記体で書くのが無難。
  6. PartIV.の「Capacity in which acting」に「Self」と記入。本人が記入した場合は、何も記入しなくてもOKっぽいですが、一応。

 同封されていた紙に詳しい(?)記入の手順が書かれていたので(当然、英語で…)、それに従って記入していけば、そんなに迷うことはないかと思われます。

エアメールでGO!

 封筒が同封されていたのですが、封筒にはしっかりとこう書かれていました。

Postage Required
Post Office will not Deliver without proper postage.

 要は「切手貼れ」ってことですね。…ケch(ry

 「どんな切手をいくら分貼ったらいいのかよく分からないんですけど…」
という自分のようなエアメール素人は、郵便局に持っていって

 「コレ、エアメールで(`・ω・´)キリッ」

と言いましょう。郵便局員さんが計算して、切手も貼ってくれます。今回のは「書状定型航空便第2」とかいう分類で料金は110円でした。思ったより安かった。

 この書類の提出期限は2009/12/31まででした。同じような書類が届いている方はお早めに郵便局へ。日本からアメリカに郵送するのに一週間くらいかかるようです。

関連リンク

Back to Top