YouTubeやってます!
Categoriesレビュー

島村楽器長岡ジャスコ店に行ってみた – サックス編

Date 2009/06/24 13:51  Modified date 2016/05/10 Author Yutaka  Tags 楽器 行ってみた
島村楽器 長岡ジャスコ店

 長岡のジャスコに入っている「島村楽器店」でいろいろと触らせてもらいました。

 替えのベース弦を買うだけのつもりで立ち寄ったのですが、ついでに関根がやりたいというクラリネットやらサックスやらも見てみることに。
 サックス高ぇ。っていうか、管楽器高ぇ。クラリネットの場合、入門用のプラスチックのものでも6万円台。サックスだと10万円台。
 「続けるかどうか分かんないし、とりあえず」という感覚で始められるギターやベースとはハードルの高さが段違いです。たとえば、自分の持ってるLegendのベースなんて、2万円以下で必要なアイテムが全部揃っちゃうんだぜ。

 そんな高嶺の花が陳列されているケースの前で、あーでもないこーでもないと話していたら、店員さんに声をかけられました。「吹いてみますか?」という甘い誘惑。
 まて、関根。吹いたら欲しくなるに決まってるんだ!これは孔明のワナだ!こんな何十万もするもん買う余裕、うちにはありません!

 「じゃあお願いします!」

 あ。お願いするんだ。というわけで、サックスを試奏させてもらうことになりました。

島村楽器 長岡ジャスコ店

 店の奥に防音室があり、そこで試奏させてもらいました。関根は、クラリネットは経験者なのですがサックスは初めてらしいです。なので、「試奏」というより「どんな音が出るの?」みたいな感じです。

 クラリネットもサックスも同じリード楽器ですが、見てる限り、なんとなく吹き方は違う様子。加えて、手が小さいと押さえるのが難しいようです。リードは鳴ってるけど、穴が塞ぎ切れていないために音がちゃんと出ない。という感じでした。まあ、練習あるのみですね。
 運指はソプラノリコーダーと同じ。ちなみに、クラリネットはアルトリコーダーに似ていると関根が申しておりました。

島村楽器 長岡ジャスコ店

 今回試奏させてもらったサックス。サックスを持っているのはショップマネージャ(つまり店長)の木内さんです。いろいろ触らせてもらったり、アドバイスしていただいたり、本当にありがとうございました!

 関根の後に「吹いてみますか?」と言われたのですが、いや、自分、管楽器ってリコーダーしか吹いたことないんですけど…これってアレですか、未経験者が、まさに「クラリネットをこわしちゃった」状態になるのを楽しむという羞恥プレイですか。
 と思ったのですが、せっかくの機会なので、羞恥プレイ承知で吹いてみることにしました。一矢報いてやるぜ!と挑んだのですが、アドバイスの通りやってみたら、簡単に音が出るようになりました。すげー。これ、面白いかも。でも音もデカイかも。。

 実際、このサックスの音というのはご家庭で練習をする際の大きな障害です。トランペットなどの金管楽器はベル(先端の朝顔のようになってる部分)をふさげば音をミュートすることが出来ますが、クラリネットやサックスなどの木管楽器(金属で出来たサックスが木管というのも変な感じですが)は楽器全体から(正確に言うと楽器に空いている穴から)音が出るため、楽器全体を覆うようなものでないとミュートできません。
 そんな中で、今、こんなのが売れてるらしいです。

e-Sax
イーサックス | Best Brass Corporation(ベストブラス)

 デカイ繭玉のようなこのケースの中に、サックスをまるっと入れてミュートしちゃうと言うアイテム。その名も「e-Sax(イーサックス)」。サックスをミュートするには、やっぱりこれくらいしないとダメみたいです。サイレンサーと考えると激しくデカイですが、「小さな防音室」と言われると「ああ、確かに小さいかも」と思ってしまう言葉のマジック。

 この辺のミュート事情を考えると「ああ、始めた楽器がベースで良かった」と思ったりして。

 というわけで、楽器を実際に触らせてもらったり、楽器周りの新しい商品などを教えてもらえたりとなかなか楽しかったです。これは、新しいベースを買うときは島村楽器で買わないといけないかもしれんね。

島村楽器 長岡ジャスコ店

所在地〒940-2106
新潟県長岡市古正寺1丁目249-1 ジャスコ長岡3F
営業時間10:00-21:00
(日曜日・感謝デーは9:00-21:00)
TEL0258-29-6888

関連リンク

Back to Top