YouTubeやってます!
Categories未だ未分類

「浮世絵版画の色刷りに挑戦」できるワークショップ開催

Date 2009/02/21 17:41  Modified date 2015/04/03 Author Yutaka  Tags まつり・イベント 体験

 浮世絵の多色刷りを体験できるワークショップが新潟県立近代美術館で開催されます。あの有名な「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」に挑戦!

葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》の3版を使って、多色摺を疑似体験します。江戸時代の摺師になりきって、北斎のダイナミックな表現を味わってみませんか。
新潟県立近代美術館

 「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」はこんな絵です。

神奈川沖浪裏

 わずか3版でどこまでこの絵を再現することが出来るのか、ちょっと興味あります。ちなみに、実際の「神奈川沖浪裏」は8色程度の色数で刷られているようです。

「神奈川沖浪裏は8回の刷りを重ねて完成(かんせい)させます」と中山さん。版木から和紙をはがすたびに、どんどん色が増(ふ)えていきます。
中日新聞:刷るごとに色が増える 浮世絵版画の「摺師」 名古屋で「北斎展」:こどもタイムズ(CHUNICHI Web)

 多色刷はなんだか難しそうですが、「神奈川沖浪裏」とは別の、ハガキサイズの簡単な図柄も用意され、初心者(浮世絵初心者でない人の方が少ないのでは…)や子供でも参加できるようです。

びじゅつ☆体験隊 「浮世絵版画の色摺に挑戦」

日時平成21(2009)年3月8日(日) 14:00-
会場新潟県立近代美術館 講座室
新潟県長岡市千秋3丁目278-14
参加費無料
定員20名
申込み2月27日(金)締切
電話または直接事務室へ

お問い合せ・お申込み先

新潟県立近代美術館
TEL0258-28-4112
Back to Top