YouTubeやってます!
Categoriesニュース

美松の「サンキューまつり」が始まりました

Date 2009/02/01 17:46  Modified date 2015/04/05 Author Yutaka  Tags 新潟生活 春の風物詩 洋菓子

 長岡ではもはや風物詩と言っても良い、美松(みまつ)の「サンキューまつり(39まつり)」が今日から開始。シュークリームがひとつ39円という破格の値段で買うことが出来ます。「サンキューまつり」の期間は2/1から2/28まで。

 (失礼ながら)普段あまり人が入っているようには思えない長岡駅前の「美松」ですが、この「サンキューまつり」が行われる2月だけは店の前に長蛇の列が出来ます。2月だけで1年分の売上を上げているのではないか?とまことしやかに語られるほどの違いです。
 ちなみに今日、長岡駅前に行く用事があったので、ついでに様子を見てみたのですが、すでに50mくらいの人の列が出来ていました。

 最近では、美松だけでなく長岡市内にあるケーキ屋などでもシュークリームのセールが行われるなど、2月のシュークリームは長岡市全体のプチ社会現象と化しています。ですが、長蛇の列を形成するのはこの美松だけと思われます。

 シュークリームは1つ39円ですが、1個2個で購入する人はおらず、箱買い(1箱10個入り)が基本です。なので、「シュークリーム1つ」と言った場合はフツーに1箱出てきます。ごくたまーに箱ではない「1つだけ」という人が出てきたりするのですが、店員からも後に並んでいる人からもヒンシュクを買うこと請け合いなので気をつけましょう。
 また、1箱390円かと思いきや、消費税もしっかり取られるため1箱410円となります。スムーズな会計のためにあらかじめお金を準備しておくことをおすすめします。

 味は、特別おいしいということはありません。値段なりかと。まあ、安いというのはもちろんあるのでしょうが、それ以上に「2月になった」→「シュークリーム始まった」→「並ばなきゃ」という条件反射のようなものがあるような気がします。並ばないと、食べないと2月がこない。というか。

 シュークリームは日に何度か入荷の時間があり、その前後は人がかなり(50mくらい)並びます。寒いのが大丈夫な人は、入荷時間よりちょっと早めに行って待つのが吉。
 また、2月上旬と下旬は人が多く、中旬頃は比較的人が少ない傾向があるようです。「サンキューまつり」が始まると同時に買いに行って、その後しばらくはシュークリームに飽きるため、行かなくなり(この時期、長岡に住んでいる人の家に行くと、お茶菓子としてかなりの確率でシュークリームが出てきます)、最終日に向けて、食べ納めするために再び人が増え出す、という感じでしょうか。
 なので、中だるみする2月の中旬頃がねらい目だと思います。

 長岡駅経由で学校に通っていた頃はよく4、5箱ぶら下げて帰っていました。三条、新潟方面から通っていた同級生も面白がって購入して帰っていたのですが、長岡地域だけの風物詩であるため、帰りの電車の中で奇異の目で見られて恥ずかしかった、とか。。

追記

 「美松」に行ってシュークリームを買ってきました。その時の様子はこちらをどうぞ!

美松

所在地新潟県長岡市大手通1丁目4-12
TEL0258-36-0852
Back to Top