YouTubeやってます!
Categoriesレビュー

椿寿荘へ行ってみた – その2

Date 2008/11/13 21:19  Modified date 2016/05/10 Author chihaya  Tags 庭園 文化財 行ってみた 豪農
椿寿荘

 越後豪農の館「田巻邸椿寿荘」。
 その2は建物、土縁編です。

 庭に面した所は3間つながっており、とても広いです。

椿寿荘

 手前から三の間、二の間、上段の間。

 左側に庭が広がっています。

椿寿荘
椿寿荘
椿寿荘

 上段の間の床の間。ここにも花が活けてありました。ところどころに立派な生け花が置いてあります。

椿寿荘
椿寿荘

 欄間も見所のひとつ。一枚板に菊の透かし彫り。岩倉知正(理八)作。
 欄間の概念が変わります。もう彫刻が置いてある感じです。椿寿荘へ行った際は欄間を見るのをお忘れなく。

椿寿荘

 庭に面している畳廊下と土縁。
 土縁とは日本海側の雪の多い地域に見られるものだそうで、長く出た庇が特徴。縁側と庭の間に屋根つきの空間(土間)があります。

椿寿荘
椿寿荘

 土縁の板は樹齢800年以上の会津欅からとったものとのこと。
 そして庇の桁は天然の吉野杉。大阪から海を渡り、信濃川をさかのぼって運ばれたそうです。節がなくとてもきれいな木肌で11間半(約20m)もあります。圧巻です。椿寿荘一の見所。

椿寿荘
椿寿荘

 奥へと続く廊下には和紙で作った丸い照明が置いてありました。床に映る明かりがきれいでした。黒い床に映える、素敵な演出です。

 次はいよいよ庭編です。
 庭がすごく良かったです。庭をゆっくり見れる心遣いに感激。

椿寿荘

豪農の館 田巻邸 椿寿荘

所在地新潟県南蒲原郡田上町大字田上丁2402-8
開館時間9:00-16:00
休館日年末年始
入館料大人 300円
小中学生 200円

関連リンク

Back to Top