YouTubeやってます!
Categories未だ未分類

新潟県の「県道ネーミングライツ」応募無し

Date 2008/10/05 21:08  Modified date 2010/03/18 Author Yutaka  Tags ネーミングライツ 奥只見 道路

 新潟県が企画した日本初の道路に対するネーミングライツですが、どうやら応募がなかったようです。

歳入確保の一環として県が売却先を募集していた県道・奥只見シルバーラインと魚沼スカイラインの命名権(ネーミングライツ)について、締め切り期限の9月30日までに、応募企業が1社もなかったことが分かった。県は売却中止も含め、今後の対応を検討する。
新潟日報 NIIGATA NIPPO On Line

 日本初と言うことで、ちょっと話題になった県道のネーミングライツ。何社か問い合わせはあったものの、契約まではなかなか難しかったようです。

 ちなみに、ネーミングライツの条件は以下の通り。

  • 年額1,000万円以上
  • 10年以上の契約
  • 当該道路固有の歴史や文化を考慮したもの

 10年で1億の費用がかかるわけですが、ビッグスワンは年間1億2千万円で3年間の契約なので、それから考えれば安いようにも思えます。ただ、ビッグスワンもずっとネーミングライツを契約する企業がなくて、仕方なく東北電力が手をさしのべたという印象があるのですが…

 「ビッグスワン」はやっぱり「ビッグスワン」と呼んでいるため、「東北電力ビッグスワンスタジアム」という正式名称は忘れがちです。そんなわけで、たぶん、「奥只見シルバーライン」はネーミングライツが決まっても「シルバーライン」と呼ぶし、「魚沼スカイライン」は「魚沼スカイライン」と呼ぶんだろうなぁと思います。
 試みとしてはおもしろいと思うのですが。

Back to Top