YouTubeやってます!
Categoriesレビュー

皮も餡も真っ白な「茶つぼまんじゅう」を食べてみた

Date 2008/09/22 22:20  Modified date 2016/05/10 Author chihaya  Tags 和菓子 食べてみた

 燕市にある「渡辺菓子店」の「茶つぼまんじゅう」を頂いたので食べてみました。白い皮の中に白餡の入っている、ちょっと珍しい真っ白なお饅頭です。

茶つぼまんじゅう

 茶壷が描かれていて、その中に「分水銘菓 茶つぼまんじゅう」と書いてあります。

茶つぼまんじゅう

 皮のひびわれがおいしそうに見えます。普通の温泉まんじゅうなどよりもちょっと大きい感じです。

茶つぼまんじゅう

 皮が白く、中の餡も白餡なので真っ白。しかも皮と餡の白さが似ているので一体化して見えます。ちょっと不思議な感じ。

 味は「お茶の風味がする??」と思ったのですが、原材料を見てもお茶の文字はなく、気のせいだったようです。。皮は蒸しパンに似た感じでおいしかったです。
 「茶つぼまんじゅうの」の名前の由来は?と、調べたのですがサイトはなかったので「茶つぼ」の意味はわかりませんでした。

 「分水銘菓」と書いてありますが、合併により分水町は燕市になっています。分水のお土産がほしい!というこだわりがあるときにはよさそうです。

 実はお葬式のおまんじゅうとして頂きました。

茶つぼまんじゅう

 白いお饅頭は一般的ですが、大抵は普通の黒いあんこ。これを頂いたのは新潟県長岡市和島地区でのお葬式でした。

茶つぼまんじゅう

茶つぼまんじゅう

製造元渡辺菓子店
所在地新潟県燕市地蔵堂町1-3-4
TEL0256-97-2267
Back to Top