YouTubeやってます!
Categories技術家庭科

「MP3 Player」をjavascriptで呼び出せるようにしてみた

Date 2008/04/30 21:45  Modified date 2016/05/10 Author Yutaka  Tags 情報処理

 フラッシュで作られたMP3 Playerの「MP3 Player」をjavasciptを使って、割と簡単に呼び出せるようにしてみました。

 「MP3 Player」というMP3 Playerについては以下を参照してください。

 「MP3 Player」というフラッシュで作られたMP3 Playerは、objectタグを使ってページに埋め込むことで、ウェブブラウザ上でmp3ファイルを再生することが出来ます。

 objectタグを埋め込むだけでも簡単だとは思うのですが、もっと簡単に埋め込むことができないかと考えた結果、javascriptで動的に呼び出す事を思いつきました。

使い方

 「class=”mp3″」という属性をつけたタグ内がMP3 Playerに置換されます。例えば、

<div class="mp3">shiotakibushi.mp3</div>

と言うふうに記述すると、「shiotakibushi.mp3」を再生するMP3 Playerが表示されます。

 設置するのにファイルをいくつかいじらないといけないので、そこがちょっとめんどくさいですが、一回設置してしまえば、あとは「class=”mp3″」と再生したいファイルの名前を記述するだけなので、だいぶ手間が省けると思います。

 ファイルに「example」も同梱してあるのでご覧ください。

履歴

2008/06/14
「mp3player2」をリリース。
バージョンアップの内容はこちら。
2008/04/30
とりあえず公開。

ダウンロード

 こちらからダウンロード出来ます。

Back to Top